忍者ブログ
HOME > > [PR] > 昔話『裏通りサディスティック』 > 昔話『裏通りサディスティック』 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テレビのニュース番組を見ていると、たまに自殺者の報道を見ます。

それを見るたびに昔のことを思い出してしまいます。

小学生のとき、それから高校二年生のときのことです。

あの時死んでいれば、私もこんな風に報道されていたのかな。

もし死んでいたとしたら原因は何になるのでしょうね。

遺書もなく、いじめがあったわけでもなく、普通に生活していた人が突然自殺するのですからね。

警察や遺族は、原因がまったく分からないのではないでしょうか。

自殺した男女の死体が二つ――。

集団自殺か、イカレた恋人たちのイカレた自殺行動と言われるのかな。

でもね、私は最初から死ぬために×××と会ったわけではないですし、私と×××は恋人同士なんかではありません、














ねえ、×××はどう思う?

拍手[0回]


高校二年生の秋。

少し肌寒い日のことだった。

私は、生まれた街に戻ってきていた。

小学校時代の数年間を過ごしたこの街にやってきたのは、何も久しぶりというわけではない。

母親の実家がこっちだから、この街を離れてからも何度も訪れていた。

しかし、街を離れてから友達や親友とは交流が途絶えていた。

何故だろう。

年賀状は毎年出していたし、携帯電話を持つようになってからはごくたまにメール交換もしていた。

それでも私は友達とも親友とも会わなかった。

何故だろう。

それから、毎日のように行っていた裏通りにも足を踏み入れなかった。

よくたまり場にしていたバー、知り合いが勤めていた風俗店、怪しい商品を売る露天商人など。

たくさんの人に会って、たくさんのことを知って、たくさんの楽しい思い出を作ったのに。

何故だろう。










私には分からない。

つづく。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18


読んでくださってありがとうございます<(_ _)>

この話がフィクションだと思いたい方は、そう思ってください。

ノンフィクションだと思いたい方は、そう思ってください。
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[690]  [689]  [688]  [687]  [686]  [685]  [478]  [477]  [476]  [475]  [684
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]