忍者ブログ
HOME > 昔話『Under The Smile』の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
前回のあらすじ

被害者面した加害者が一番こわい



*注意*

暴力的表現が多く含まれています。読んでいて不快になると思います。

私は屑です。

今回の昔話を読んでいただくと、私に生きている価値なんてないことがよく分かると思います。

拍手[2回]

PR
前回のあらすじ

アルプス → ストーカー → カイメツ

拍手[0回]

梅雨の時期のことです。

私とTとRは、お金稼ぎをしていました。

Rはホテル経営者のご子息なのでお金には困っていません。

私もお金が欲しいと切望するほどお金には困っていません。

私達の中で最もお金に困っているのは――。

T「金が欲しいんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

私「うるさい」

R「ここは屋上じゃないんだぞ。教室の中で叫ぶなよ」

いつも屋上でやっていたボクシングも梅雨の時期は中止です。

確かにボクシングは好きですが、雨に濡れてまでボクシングをしたいとは思いません。

ここ一週間ほどボクシングをしていないので、戦闘民族に限りなく近いTは欲求不満状態です。

私はボクシングと金を連想してある仕事を思いつきました。

私「殴られ屋」

T「は?」

私「知らない?」

R「ああ、知ってる」

T「何だよそれ」

先ほどまで教室の床で転がっていたTが動きを止めて私の話を聞こうとします。

私「制限時間を決めて、その間ずーっと人から殴られる仕事」

T「はぁ!?」

私「もちろん避けてもいいけどね。3分間1000円ぐらいが相場だったかな」

R「Tは頑丈だし、動体視力も良いからやってみたら?」

Rはニコニコ笑って勧めます。

Tは再び転がり始めます。

T「俺は殴るのが好きだが、殴られるのは好かん」

私「そうだよね」

なんとなく予想はしていました。

それに、殴られ屋は小学生がすぐに始められるほど簡単な仕事ではないでしょう。

R「でもさ、どうしてそんなに金が欲しいんだよ」

T「金持ちに貧乏人の気持ちがわかってたまるか」

R「じゃあ貧乏人に金持ちの苦労がわかるのか?」

T「なんだとてめぇ」

普段怒らないRも今のTの態度は我慢できなかったようです。

私は面倒くさいと思いつつ、親友二人の間に入って仲裁します。

私「Tがどうして金が欲しいのかは聞かないけどさ、ならどうやって稼ぐ?」

T「……」

R「……」

二人はようやく静かになりました。

拍手[0回]


カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[03/09 three]
[03/08 紅玉]
[03/03 three]
[03/02 紅玉]
[02/11 three]
[02/10 紅玉]
[02/07 three]
[02/06 紅玉]
[02/01 three]
[01/28 本が好き!運営担当]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]