忍者ブログ
HOME > 昔話『ドウゲン坂から』の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2020.08
前回のあらすじ

きょうの偽妹ちゃんのことば

「おにいちゃんはずーっと私を利用してくださいねっ☆」

病めるときも、健やかなるときも、ムラムラしたときも……?


拍手[3回]

PR
前回のあらすじ

「全国の帰宅部員よ。

   歩け!!

   歩くのだ!!

 その足が動く限り!!」

「馬鹿でしょ?」

「……」

「まあ、そういうところも……」

「……っ!?」

拍手[2回]

前回のあらすじ

「こけしが舞い、赤べこが飛び、シャケが落ちてくる。これって日常だね」

それはあらゐけいいちの『日常』です。

「鳩が舞い、飛行船が飛び、女の子が落ちてくる。親方、空から女の子が!」

それはジブリの『天空の城ラピュタ』です。

「アル中が舞い、ヤクザの指が飛び、ヤク中が落ちてくる。イカレてるよね」

それは私の『生まれた街』です。

「不況が舞い、首が飛び、失業者が落ちてくる。これって現実?」

それは現代の『日本』です。

「疑念が舞い、推測が飛び、結末が落ちてくる。これは本当にあった物語ですか?」

それは昔話の『ドウゲン坂から』です。

拍手[0回]

前回のあらすじ

エロゲーみたいな展開だよな。

これでも現実なんだぜ。

*長らくお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

拍手[4回]

前回のあらすじ

常にダーツボードを抱えて生きる人がいたらいいなぁ。

そして常にダーツを持って生きる人と結ばれたらいいなぁ。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001SX74YS/ref



拍手[3回]

前回のあらすじ

うろ覚えデートマニュアル

・女は歩道側を歩き、男は車道側を歩く。

・上りエスカレーターに乗る時、女が先、男は後。

・下りエスカレーターに乗る時、男が先、女は後。

・お店などに入る時、男はドアを開けて女を先に通す。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4309493513/ref

拍手[0回]

前回のあらすじ

「まるで安っぽいエロゲーだ」

「どういうこと?」

「俺たちは本当の兄妹じゃないってこと」

「そうですね」

「え?」

「え?」

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4043944446/ref



拍手[0回]

ある年の七月末のことです。

全国の学生さんはすでに夏休みに入っていましたが、私の通っている学校はまだでした。

小学生はもちろんのこと、中学生も高校生も夏休みに入っているというのにです。

それに対して愚痴や不満を言っても意味がないので、学生たちは試験勉強するしかありません。

友「なんでうちの大学は夏休み始まるの遅いんだよ……」

友くんは愚痴をこぼしながら紙にペンを走らせます。

き「なんでだろうねー。終わるのは早いのにねー」

きーちゃんはチーズバーガーを食べながら微笑んでいます。

私「友は黙って勉強しろよ」

私はため息をついてから友くんを一瞥します。

拍手[4回]


カテゴリー
最新記事
(05/07)
(06/16)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]