忍者ブログ
HOME > その他:あ行の作家さんの記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
その他:あ行の作家さん
[2020/02/05] 本『屍人荘の殺人』 今村昌弘
[2020/02/05] 本『小説こちら葛飾区亀有公園前派出所』 秋本治原作・日本推理作家研究会監修
[2020/02/05] 本『浜村渚の計算ノート』 青柳碧人
[2020/02/04] 本『夜の写本師』 乾石智子
[2020/02/04] 本『逃げ出せなかった君へ』 安藤祐介
[2019/12/14] 本『僕が七不思議になったわけ』 小川晴央 
[2019/12/14] 本『ひきこもりの弟だった』 葦舟ナツ
[2019/12/14] 本『吉原百菓ひとくちの夢』 江中みのり
[2019/11/25] 本『恋と禁忌の述語論理』 井上真偽
[2019/11/25] 本『体育館の殺人』 青崎有吾
[2019/08/04] 本『十角館の殺人』 綾辻行人
[2019/07/26] 本『チョコレートコスモス』 恩田陸
[2019/06/24] 本『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』 大澤めぐみ
[2019/06/17] 本『蒼空時雨』 綾崎隼
[2019/05/29] 本『荒木飛呂彦の漫画術』 荒木飛呂彦
[2019/05/29] 本『荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟』 荒木飛呂彦
[2019/05/29] 本『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』 大森藤ノ
[2019/05/15] 本『崩れゆく絆』 アチェベ
[2019/04/24] 本『ささみさん@がんばらない』 日日日
[2018/02/16] 本『こちらあみ子』 今村夏子
[2017/07/17] 本『ロウきゅーぶ!』 著・蒼山サグ 絵・てぃんくる
[2016/10/25] 本『ふたり』 赤川次郎
[2013/03/04] 本『ぱんだだ! 中国・日本パンダ紀行』 太田垣晴子
[2013/02/23] 本『大江戸死体考 人斬り浅衛門の時代』 氏家幹人
[2012/09/24] 本『とある飛空士への追憶』 犬村小六
『屍人荘の殺人』 今村昌弘 創元推理文庫



たった一時間半で世界は一変した。


神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介。

二人は曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子とペンション紫湛荘を訪れる。

しかし想像だにしなかった事態に見舞われ、一同は籠城を余儀なくされた。

緊張と混乱の夜が明け、部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。

それは連続殺人の幕開けだった!

奇想と謎解きの驚異の融合。

第27回鮎川哲也賞受賞の衝撃のデビュー作。

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

PR
『小説こちら葛飾区亀有公園前派出所』 秋本治原作・日本推理作家研究会監修



あの国民的漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が7人のベストセラー作家・大沢在昌、石田衣良、今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾によるトリビュート短編小説の数々。

ギャグあり、人情あり、ハードボイルドありのアンソロジー。

個々の作品でおもしろいものはあったものの「原作漫画読みました?キャラ崩壊ヤバくないですか?」と煽りたくなるような原作キャラ像をまるで理解していない作品もあった。

大沢在昌さんと今野敏さんの作品がおもしろかった。

柴田さん、逢坂さん、京極さんは合わなかった。

拍手[0回]

『浜村渚の計算ノート』 青柳碧人 講談社文庫



「刑事さん、解けちゃいました」

四色問題、フィボナッチ数列、円周率ーー。

対「数学テロ」。警視庁の最終兵器は、天才数学少女!

「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」

天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。

彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうるのだ。

テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生だった! 

新時代数学ミステリー!!

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

本『夜の写本師』 乾石智子 (創元推理文庫) 



右手に月石、左手に黒曜石、口のなかに真珠。

三つの品をもって生まれてきたカリュドウ。

呪われた大魔道師アンジストに目の前で育ての親を殺されたことで、彼の人生は一変する。

宿敵を滅ぼすべく、カリュドウは魔法ならざる魔法を操る“夜の写本師”の修業をつむが…。

日本ファンタジーの歴史を塗り替え、読書界にセンセーションをまき起こした著者のデビュー作。


つづきはネタバレ注意


拍手[0回]

本『逃げ出せなかった君へ』 安藤祐介 KADOKAWA



ブラック企業に入社した三人の同期、大友、夏野、村沢。

早朝から深夜まで個人宅や企業への飛び込み営業を命じられ、休む間もなく会社に泊まり込む毎日。

心身共に疲弊しきった三人は、ある日思い立って深夜の居酒屋に向かう。

非人間的な毎日のなか、一杯の生ビールで久しぶりに人間らしく笑い合えた三人だったが、極悪上司に目を付けられて過酷な追い込みにあった夏野はーー。

やる気のない居酒屋のアルバイター、定年の日を迎えた男、暴走しがちな池袋警察署交通課員……。

夏野の選択はすれ違うだけのはずだった人々の人生をも変えていく。

命と仕事の6つの物語。

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

『僕が七不思議になったわけ』 小川晴央 メディアワークス文庫



石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也。

ある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。

深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。

「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」

なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ!

生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴る。

思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー。

第20回電撃小説大賞金賞受賞作。

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

『ひきこもりの弟だった』 葦舟ナツ メディアワークス文庫



ラスト、読む人に【幸せとは何か】を問いかけるーー。

圧倒的衝撃の“愛”の物語。

『質問が三つあります。彼女はいますか? 煙草は吸いますか? 最後に、あなたはーー』

突然、見知らぬ女にそう問いかけられた雪の日。

僕はその女ーー大野千草と“夫婦”になった。

互いについて何も知らない僕らを結ぶのは【三つ目の質問】だけ。

まるで白昼夢のような千草との生活は、僕に過ぎ去った日々を追憶させていくーー。

大嫌いな母、唯一心を許せた親友、そして僕の人生を壊した“ひきこもり”の兄と過ごした、あの日々を。

これは誰も愛せなくなった僕が、君と出会って愛を知る物語だ。

つづきはネタバレ注意


拍手[0回]

『吉原百菓ひとくちの夢』 江中みのり メディアワークス文庫



『生きるための食事でなく、ひと時の幸福のための菓子を作る』

江戸の吉原一、料理が美味いと評判の中見世・美角屋。

そこで働く“菓子専門の料理番”太佑は、日々訪れる客や遊女達のために菓子を作っていた。

しかしある日、幼馴染で見世一番の花魁・朝露が全く太佑の菓子を食べていないことを知り……。

切ない想いを秘め、懸命に生きる人々にひとくちの“夢”を届ける。

とある料理番の、心温まる人情物語。

第24回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞受賞作。

つづきはネタバレ注意


拍手[0回]

『恋と禁忌の述語論理』 井上真偽 講談社文庫



雪山の洋館での殺人。

犯人は双子のどちらか。なのにいずれが犯人でも矛盾。

この不可解な事件を奇蹟の実在を信じる探偵・上苙丞(うえおろじょう)が見事解決

ーーと思いきや、癒やし系天才美人学者の硯(すずり)さんは、その推理を「数理論理学」による検証でひっくり返す!!

他にも個性豊かな名探偵たちが続々登場。名探偵を脅かす推理の検証者、誕生!

毒殺か事故か、不特定多数の中で誰が犯人か、犯人は双子の姉か妹か。

主人公は片田舎に一人住む美叔母の硯さんのもとを訪れる。

美しき数理論理学者がすでに名探偵たちによって解決された事件の推理の真偽を華麗に証明する。

第51回メフィスト賞受賞

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

『体育館の殺人』 青崎有吾 創元推理文庫



風ヶ丘高校の旧体育館。

放課後、放送部の少年が刺殺された。

密室状態の体育館にいた唯一の人物、女子卓球部部長の犯行だと警察は決めてかかる。

卓球部員・柚乃は、部長を救うために、学内一の天才と呼ばれている裏染天馬に真相の解明を頼んだ。

アニメオタクの駄目人間に――。

“平成のエラリー・クイーン”が大幅改稿で読者に贈る、第22回鮎川哲也賞受賞作。

裏染天馬シリーズ第一弾。




高校の体育館で刺殺体が発見。

密室状態の体育館にいた唯一の人物に容疑がかかる。

その容疑を晴らすために学内一の天才と呼ばれる裏染天馬に真相解明が託される。

だが彼は校内に勝手に住み着くアニメオタクのダメ人間だった。

もともとラノベの新人賞に送っていた人らしくて文体はわりと軽めでサクサク読める。

探偵もオタクなのでアニメや漫画のパロディがたくさん出てくる。

数十人いる容疑者を論理的なアリバイ崩しでどんどん犯人を絞っていき、最後に読者への挑戦状が出されるスタイ。ル

平成のエラリイ・クイーンという売り文句でデビューした著者の評価が妥当なのか過大なのかわからないけれど、少なくとも続編を読んだり他の作品を読んだりしたいとは思える出来だった。

拍手[0回]

『十角館の殺人』 綾辻行人 講談社



十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島。

館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。

そんないわくつきの島の館に大学のミステリ研の7人が訪れた。

やがて学生たちを襲う連続殺人。

ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける! 

1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作。

多くのミステリ作家に影響を及ぼしたと言われる館シリーズ第一作。

つづきはネタバレ注意。


拍手[0回]

『チョコレートコスモス』 恩田陸 角川文庫



芝居の面白さには果てがない。

一生かけても味わい尽くせない。

華やかなオーラを身にまとい、天才の名をほしいままにする響子。

大学で芝居を始めたばかりの華奢で地味な少女、飛鳥。

二人の女優が挑んだのは、伝説の映画プロデューサー・芹澤が開く異色のオーディションだった。

これは戦いなのだ。

知りたい、あの舞台の暗がりの向こうに何があるのかをー。

少女たちの才能が、熱となってぶつかりあう!

興奮と感動の演劇ロマン。



芸能一家に生まれて華やかな容姿と卓越した演技を持つ響子と大学で芝居を始めたばかりの華奢で地味な飛鳥。

出会うはずのなかった二人の女優が異色のオーディションで同じ舞台に立つ。

芝居にかける情熱や演出のおもしろさ、それぞれの役者の演技プランなど興味深い

拍手[2回]

『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』 大澤めぐみ 角川スニーカー文庫



やりたいことが見つからず、漠然と都会を夢見る優等生の香衣。

サッカー部のエースで香衣の彼氏のはずの隆生。

香衣に一目惚れする学内唯一の不良・龍輝。

ある秘密を隠すため、香衣の親友を演じるセリカ。

4人が互いに抱く、劣等感。憧れ。恋心。後悔。

あの駅で思いはすれ違い、一度きりの高校生活はとどまることなく進んでいく。

「どうしてすべて手遅れになってからでないと、一番大事なことも言えないんだろう」

これは、交錯する別れの物語。

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

『蒼空時 綾崎隼 メディアワークス文庫



偶然の「雨宿り」から始まる、切ないラヴ・ストーリー。

ある夜、舞原零央はアパートの前で倒れていた女、譲原紗矢を助ける。

帰る場所がないと語る彼女は居候を始め、次第に猜疑心に満ちた零央の心を解いていった。

やがて零央が紗矢に惹かれ始めた頃、彼女は黙していた秘密を語り始める。

その内容に驚く零央だったが、しかし、彼にも重大な秘密があって……。

巧妙に張り巡らされた伏線がいくつも折り重なったエピソードで紐解かれる。

新感覚の青春群像ストーリー。

第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞受賞作。


うーん、私には合わない作品だった。

群像劇要素が薄いというか、そもそも群像劇ではないような。

ただの連作短篇になってしまっている気がする。

拍手[0回]

『荒木飛呂彦の漫画術』 荒木飛呂彦  集英社新書



「企業秘密を公にするのですから、僕にとっては、正直、不利益な本なのです」(本文より)

全く人気が衰えることなく長期連載が続く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦。

「漫画は最強の『総合芸術』」と言い切る彼が、これまで明かすことの無かった漫画の描き方、その秘密を、作品を題材にしながら披瀝する!

絵を描く際に必要な「美の黄金比」やキャラクター造型に必須の「身上調査書」、ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど、具体的な方法論からその漫画術を明らかに!

本書は、現役の漫画家である著者が自ら手の内を明かす、最初で最後の本である。



代表作『ジョジョの奇妙な冒険』は「王道漫画」であると提言する著者が語る漫画の描き方。

漫画の基本四大構造から失敗から学んだことや取材の重要性、アイデアの見つけ方など詳しく書かれている

拍手[0回]

『荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟』 荒木飛呂彦 集英社新書



アクション映画、恋愛映画、アニメ……。

取り上げたジャンルを問わぬ映画作品の数々には、その全てに、まさに荒木飛呂彦流の「サスペンスの法則」が潜んでいる。

本書は、その一つひとつを徹底的に分析し、作品をまったく新しい視点から捉え直した映画論であり、エンターテイメント論である。

『ジョジョの奇妙な冒険』を描かせたとも言える、荒木飛呂彦独特の創作術とは?

映画の大胆な分析を通じて、その秘密が明らかに!



エンタメの基本はサスペンスにあると提言する著者が『ジョジョの奇妙な冒険』のエピソードやセリフを混ぜながらおもしろい映画の紹介や創作の影響を伝えている。

見たことがある映画もけっこうあってよかった

拍手[0回]

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』 大森藤ノ GA文庫



シリーズ累計発行部800万部突破!!

迷宮都市オラリオ──。

『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。

未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。

人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。 

「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ!」

「はいっ! 僕は強くなります!」 

どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。 

これは、少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】── 

大森藤ノ×ヤスダスズヒトのコンビが贈る、

GA文庫大賞初の≪大賞≫受賞作、ここに開幕!! 

つづきはネタバレ注意


拍手[0回]

『崩れゆく絆』 アチェベ 訳:粟飯原文子 光文社古典新訳文庫



古くからの呪術や慣習が根づく大地で、黙々と畑を耕し、獰猛に戦い、一代で名声と財産を築いた男オコンクウォ。

しかし彼の誇りと、村の人々の生活を蝕み始めたのは、凶作でも戦争でもなく、新しい宗教の形で忍び寄る欧州の植民地支配だった。

「アフリカ文学の父」の最高傑作。



古くからの呪術や慣習が根づく大地で、畑を耕し獰猛に戦い、一代で名声と財産を気づいた主人公の人生はある事件を境に少しずつ崩れてゆく。

アフリカの伝統的な文化や社会について、その土地の人々の新しい宗教や欧州の植民地支配への捉え方を知ることができる。

フィクションなので正確ではないらしいけど、アフリカの伝統文化や社会について知ることができた。

主人公は時代の変化に流されてしまったのか。

いや、流れに乗れなかったのか。

拍手[0回]

『ささみさん@がんばらない』 日日日(あきら) ガガガ文庫



お兄ちゃんに愛され、私は今日も頑張らない。

ささみさんは引きこもり。

着替えるのも、食事をするのも、がんばらない。

生活の面倒を見るのは、ささみさんの大嫌いな奴隷体質のお兄ちゃん。

そんなささみさんの日課は、パソコンに繋がれた「お兄ちゃん監視ツール」で外の世界を覗くこと。

外の世界では、美少女三姉妹とお兄ちゃんがキャッキャ☆ウフフでラブコメ中って……間違ってる絶対!! 

この世界は何かがおかしい!!

実年齢は大人だが、見た目は子供という「ロリコンに優しい設定」な長女・つるぎ。

そしていつも眠たそうなクラスメイト、次女・かがみ。

そして見た目は大人の女性で小学3年生という「AVの撮影?」な三女・たま。

邪神(やがみ)三姉妹がおりなすドタバタと、「八百万の神々」のイタズラがささみさんを襲う!

『バレンタインデーの惨劇』、『特殊イベント/全・裸・集・会!』、『ミニゲーム/いけない保健室……☆』!? 

次々と起こる「非日常の日々」。

もう疲れたよ。お兄ちゃん……。



引きこもりのささみさんと奴隷体質のお兄ちゃんが暮らす町は八百万の神々が遊びまわり、頭のおかしいことばかり起きる混沌とした自由で不思議な世界。

お兄ちゃんが美少女三姉妹とラブコメってるところをささみさんはお兄ちゃん監視ツールでのぞくのだ。

察しの良い方はピンとくると思いますが、日本神話を絡めた作品です。

一巻は世界観やキャラクターの設定の紹介程度で、物語が動き出すのはシリーズ二巻以降でしょうか。

拍手[0回]

本『こちらあみ子』 今村夏子



あみ子は、少し風変わりな女の子。

優しい父。

一緒に登下校をしてくれる兄。

書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母。

憧れの同級生のり君。

純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した作品。

第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞受賞の異才のデビュー作。


読み始めてすぐに文章の端々や物語の中に不穏な空気や違和感があった。

決して良い読後感を得られない作品と知りながらも読んでしまうおもしろさと表現力の高さ。

あみ子の目で見る社会や家庭には壁があり、彼女が「こちらあみ子」と大声で訴えても返答はないのだ。

「異才のデビュー作」という売り文句に偽りはありません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

拍手[3回]

ロウきゅーぶ!』 著・蒼山サグ 絵・てぃんくる



少女はスポコン! コーチはロリコン!?

第15回電撃小説大賞<銀賞>受賞作!

バスケットボールをするために高校入学後、部長のロリコン疑惑で一年間休部!?

部活動ができなくなった主人公・長谷川昴。

ただでさえ小学生の話題はタブーなのに……。

気づけばなぜか小学校女子バスケ部コーチに就任って!?

「ん? ぱんつなら心配ないよ、ほらっ」

「やっぱりっ、でか女なんだわたしっ!」

「おにーちゃんの背中が気に入りました」

「あの、そ、そろそろご指導の方を──」

「いろいろ面白くなってきたわね、ふふ」

個性的な少女たち五人の猛烈アピールに振り回されっぱなし。

それぞれの想いを守るため昴はついに男を魅せる!

小学生の女子だって悩みは多いのです。

そんな彼女たちに翻弄されまくりなさわやかローリング・スポコメディ!



先に謝ります。

表紙だけで「うわぁ……」と思ってしまって申し訳ありません。

ロリコンさんいらっしゃーい!な萌え小説かと思っていました。

しかし実際に読んでみると、熱いスポ根小説でした。

各キャラそれぞれに個性や役割を与え、それを物語の中でしっかり描写しています。

細かく丁寧な文章と可愛らしい挿絵が合わさってキャラの魅力がより正確に伝わってきます。

それはバスケットボールのポジションやプレイスタイルにも活かされている。

キャラが可愛いだけの萌え小説ではありません。

スポ根物としてもおもしろいです。

男子バスケ部と練習場所を賭けた試合(負けたら女子は使用禁止)というスポ根物の定番な展開は、小学生らしくて良いですね。

勝たなければいけない理由や少女たち5人の出会いや想いも絡めて描写されています。

試合に向けての練習シーンも良いです。

下手に書くと説明臭くて冗長になってしまいますが、バスケが分からない人にも伝わるように書かれています。

クライマックスの試合シーンは特に素晴らしいです。

緊迫感あり、スピード感あり、戦略性あり、笑いあり、涙あり、敵味方共に活躍します。

ラストシュートが漫画『スラムダンク』の湘北対山王戦と同じでは、と思いましたが、オマージュでしょうか。

拍手[4回]

『ふたり』 赤川次郎 新潮文庫



お姉ちゃんは高校二年までしか生きなかった。

でも、私が来年高校一年になり、二年になり、三年になったら、私はお姉ちゃんの歳を追い越してしまう。

それでもお姉ちゃんは、ずっと私の中にいてくれる?

死んだはずの姉の声が、突然、頭の中に聞こえてきた時から、千津子と実加の奇妙な共同生活が始まった……。

妹と17歳で時の止まった姉。

二人の姉妹のほろ苦い青春ファンタジー。

つづきはネタバレ注意


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン



拍手[2回]

『ぱんだだ! 中国・日本パンダ紀行』 太田垣晴子 文藝春秋



なぜかひきつけられる存在、パンダ。

パンダってなんなのだ?

もっとパンダについて知ろう、と思ったらその魅力がみえてきた気がする。

知れば知るほど不思議なパンダワールド!

この本をよめばきっとあなたもパンダ好きに?!

写真と漫画でわかるパンダの魅力をどうぞご覧ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[0回]

『大江戸死体考 人斬り浅衛門の時代』 氏家幹人 平凡社



花のお江戸には死体がゴロゴロ!?

水辺には土座江門、道端には行き倒れ、“検死マニュアル”もすでにあった江戸時代。

そして、死体を使った刀剣試し斬りを家業にし、“生きギモ”で富を築いた、浪人・山田浅衛門――。

コワくて不思議な世界がそこに見えてくる。

史料はホラー小説よりも恐ろしい!

知られざる江戸のアンダーワールドへご招待。

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン


水死体は棒でつついて川下に流す。

非人がいたら刀の試し斬りに使われる。

罪人の死体を使って将軍の刀の試し斬りを担う家。

それが一般常識だったというのは驚きました。

しかもそれが史料に残っているなんて思いもしませんでした。

華やかで平穏な江戸を連想させる著作は多いですが、少し視点を変えてみると暗くて恐ろしい江戸も見えてきます。

“普通じゃない江戸”を知りたい方はどうぞ。

拍手[0回]

『とある飛空士への追憶』 犬村小六 小学館(ガガガ文庫)



神聖レヴァーム皇国と帝政天ツ上の両国では、中央海を挟んで絶えず激しい戦いを繰り広げていた。

ある日、レヴァーム皇国の飛空士シャルルはある重大な任務を任される。

「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」

シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。

次期皇妃ファナを水上偵察機の後部座席に乗せ、婚約者のカルロ皇子の元へ送り届ける極秘計画だった。

ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。

そのファナと流れ者のシャルルが、二人きりで海上翔破の旅に出るのだ。

何か問題があった場合は、彼の命など簡単に散らされてしまうだろう。

しかし、やらないわけにはいかない。

ついに、シャルルとファナの二人で敵の領域を突破する12,000kmの旅が始まる。

それは同時に身分違いの恋の始まりでもあった。

圧倒的攻撃力の敵空中艦隊と戦闘機がシャルルとファナの乗る小さな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!!

超絶なテクニックでなんとか退けるシャルル。

命をかけた空の旅で、ファナの閉ざされた心は開かれ、次第に二人はひかれあt
てゆく。

やがて迫る絶対絶命の危機の中、ファナのとった行動とは……。

そして二人の恋の行方は……?

蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。

とある飛空士シリーズ第一弾!!

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン




 
 

拍手[0回]

[1]  [2
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
(05/07)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]