忍者ブログ
HOME > 雑記の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
こんばんは、threeです。

日本には「○○の日」がいくつも存在します。

誰が考えたのか、どうやって決めたのか、私にはよく分かりません。

「○○の日」の中に「豆腐の日」というものがあります。

日本人には馴染みのある大豆製品ですね。

そんな豆腐の日ですが、2つあることをご存知ですか?

一つは10月2日です。

10(とう)2(ふ)という語呂合わせからですね。

もう一つは毎月12日です。

こちらも12(とうふ)という語呂合わせからでしょう。

10月2日の方は知っていましたが、毎月12日も豆腐の日ということは最近知りました。

そういえば、豆腐に関する新事実がもう一つあります。

それは、イエス・キリストの好物の一つに「豆腐」があったということです。

彼が豆腐を食べていたなんて驚きですよね。

そのためキリスト教信者は、豆腐を食べる前にこう述べるそうです。















モーメン(木綿)


















やめてください。

大豆を投げないでください。

まだ節分ではありません。

皆様の中で罪を犯したことのない方だけが投げ……すみません。

全て私が悪いのです。

くだらない嘘とつまらない冗談を言ってしまい申し訳ございません。

自ら豆腐の角に頭をぶつけて死んで償います。

だから、どうかお許しください。

先日、私が食品スーパーで買い物をしていた時のことです。

姉弟と思しき女の子と男の子が仲良く手をつないで店内を歩いていました。

年齢は小学校中学年と低学年くらいの姉弟です。

二人は迷惑にならない程度の音量で「なっとう♪ なっとう♪」と口ずさんでいました。

どうやら「納豆」を探しているようです。

しかし、残念なことに彼らが向かっている先に納豆はありません。

進行方向とは正反対のところに置いてあります。

回れ右して進まなければ納豆売り場にはたどり着くことができません。

年長者の私が幼い姉弟に教えるべきか教えないべきか、悩みました。

少し考えた末、私は教えないことにしました。

二人は、きっと親から「おつかい!」を頼まれたのです。

「はじめて」かもしれませんし「はじめて」ではないかもしれません。

「おつかい!」とは、自分たちで考え、力を合わせ、苦難を乗り越えるものです(偏見)

いわば親が子に与えた試練、いえ神様が人間に与えた試練、つまり成長の機会です(偏見)。

ここで私が手を差し出してしまっては、その機会を奪ってしまうことになります。

それはいけません。

私はスピードワゴンのようにクールに去ります。















女の子「あ、豆腐があった。近くに納豆もあるかも」















思わず足を止めました。

「この子すごい……。頭良い……」と思いました。

豆腐 → 大豆から作られるもの → 納豆も大豆から作られる → 近くにあるかも

豆腐を見つけた少女の頭の中では、きっとこんな風に連想されていったのではないかと思います。

豆腐と納豆が同じ大豆から作られるという知識があるだけでなく、そこから思考して行動する知恵まで身に付いています。

まだ小学生なのにすごい、と感心してしまいました。

感動といっても良いです。

思いがけない感心感動体験をした私は、仲良し姉弟に声をかけ、納豆売り場まで連れて行きました。

その後、女の子はしっかりと頭を下げてお礼を述べてきます。

頭が良いだけでなく、とても礼儀正しい子です。

男の子も姉を見習って小声ながらお礼を述べてきました。

それから二人は、また仲良く並んで納豆を選び始めます。

むしろ私の方がお礼を言いたくなる素晴らしい出会いでした。

私は結婚もしていませんし、育児経験もありません。

しかしどうやったらこんな子に育つのか、とても気になりました。

どうかこの子たちが幸せな人生を歩むことができますように、と祈りを捧げます。

モーメン。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[5回]

PR
とても楽しい公演からしばらく経ちました。

そんなある日、演劇ユニット+'S(プラスエス)様からメールが届きました。

メールを開いて読むとそれは、公演に来てくださったお客様に記入をお願いしていた会場アンケートをまとめたものでした。

拙作『かつての神童』に関するご意見・ご感想です。

作品を観ていただいただけでなく、ご意見ご感想までいただけるなんて……。

本当にありがとうございます。

さて、素人の私が書いた『かつての神童』の評価は……。



拍手[6回]

役者さんが脚本・演出を担当した演目『寄憶』が終わり、会場は拍手に包まれました。

テーマ『オカルト』にピッタリの不思議で不気味なお話でした。

会場は照明が落とされて暗くなります。

その間に舞台のセットが片づけられます。

それから私が書いた脚本『かつての神童』が上演されました。

私が考えた登場人物を役者さんが演じ、私が考えた台詞を話し、私が考えた物語が進行していきます。

次にどんな台詞を話すか、どんな展開になるか、どんな結末を迎えるのか、全て知っています。

私が書いたのですから当然です。

しかし、早く先を見たくて仕方ありませんでした。

役者さんがどんな表情を見せるのか、どんな口調で話すのか、どんな動きを見せるのか、気になって仕方ありません。

観ているだけで楽しくて、嬉しくて、おもしろくて、気分が高揚していきます。

前回は脚本原案(小説)、今回は脚本、それぞれ提供して舞台化していただいています。

それらの演劇を観て思ったことは、小説執筆は個人作業で、脚本執筆は共同作業ということです。

私は小説も脚本もパソコンを使って文字を打ち込んで書いています。

そして始めから終りまで書き上げます。

小説は書きあげたらそこで完成だと思います。
※あくまで個人的意見です。その後も色々ありますが、ひとまず完成、程度に思ってください。

しかし脚本は違います。

書き上げた脚本は役者さんの手に渡り、稽古を重ねて台詞や流れを覚え、演出を加えていきます。

また、芝居を盛り上げるための音響や照明を担当される裏方さんも欠かせない存在です。

そして舞台で観客に披露し、そこで初めて完成だと思います。
※あくまで個人的意見です。演劇知識ほぼ皆無の素人意見です。

舞台上で最後の台詞が役者さんの口から発せられました。

そこでようやく――『かつての神童』は完成したのです。

短いような長いような、とても素晴らしい時間を過ごすことができました。

本当にありがとうございます。

すみません、まだ続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[4回]

完成した脚本を演劇ユニット+'S様に提出後、しばらくしてからお返事をいただきました。

「気に入りました。好きな作品です」(ほぼ原文まま)

無事に夏公演の脚本として認めていただきました。

脚本の書き方や展開で色々と言われましたが、形にはなっているようでホッとしました。

同時に、ありがたいですし、嬉しかったです。

自分が書いたものを人に読んでもらえるだけでもありがたいですし嬉しいです。

それどころか、作品を褒めてもらえるなんて……。

それから演劇ユニット+'S様や他の役者さんは夏公演に向けて稽古を始めました。

私も『かつての神童』の演出を担当される役者さんとメールで色々と話し合います。

といっても、稽古場には一度もお邪魔することはなかったです。

もし機会があれば、練習風景も拝見したいなと思っています。

そして本番――公演当日を迎えました。

私が行った日は、用意されていた席全てに人が座っていました。

ざっと数えて15人~20人はいたと思います。

多いのか少ないのか分かりませんが、全員にお礼を言いたくなりました。

続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[3回]

夏真っ盛りの8月ということで『オカルト』がテーマの企画公演でした。

しかし、+'S様から「『オカルト』がテーマの作品を書いてくれ」とは頼まれていません。

それどころか、書きたいことを自由に書いて良いと言われました。

ありがたいことです。

その言葉通り、私は自分が書きたいことを好きなように書かせていただきました。

拙作『かつての神童』は、最初に題名を決めました。

なんとなく、『かつての神童』という題名でお話を書いてみたいと思い浮かんだのです。

これは、私が小説を書く時によくやる書き方の一つです。

最初に題名を決めて、その題名から連想できるストーリーや登場人物を考えます。

そして頭の中で少しずつ想像をふくらませていき、物語の始め(起)と終り(結)を考えていきます。

それから登場人物を動かしたり場面を思い浮かべたりして、物語の展開(承転)を決めます。

始めから終りまでの流れが決まったら書き始めます。

あとは書きながら分かりにくいところを修正したり余分なところを削ったりして完成させます。

演劇脚本を書くのは初めてでした。

それでも小説を書いている時と同じ感覚になりました。

この場面を書きたい、登場人物にこの台詞を言わせたい、この文章表現を使いたい、など次々に言葉があふれてくるのです。

それがもう、おもしろくて、楽しくて、書いている間ずっと気持ちが昂っていました。

マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用を『ランナーズハイ』と言います。

それならば、長時間執筆を続けると気分が高揚してくる作用を『ライターズハイ』と言うのでしょうか。

もちろん、最初から最後まで難なく書けたわけではありません。

良い表現が思い浮かばなかったり展開が雑だと感じたり、執筆が止まることは何度もありました。

何行も書いた文章を一気に消したり、一文字も書けない日があったり、辛いこともありました。

それでも楽しくておもしろいという喜びがあるから完成させることができました。

続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[4回]

こんばんは、threeです。

気がつけば公演告知記事を掲載し、その公演が終わってから時間が経ちすぎていました。

多くの方々にお祝い応援コメントを頂いたにも関わらず、すっかりブログ更新をサボってしまい申し訳ありません。

2017年8/11(金)~8/13(日)、演劇ユニット+’S(プラスエス)様の企画公演が無事に開催されました。

私も一般の方に混じって観てきましたが、とても楽しい公演でした(・∀・)

演劇の舞台を見たことは両手で数える程度です。

また、これまで演劇脚本の執筆経験もありません。※

そんな知識も経験もない素人の私が書いたお話に、+'S(プラスエス)様が演出をつけ、舞台の上で役者さんが演じてくださいました。

大事に作ってくださってありがとうございます。

本当にありがとうございます。

別の記事に続きます。


※「これまで演劇脚本の執筆経験もありません」について

今年5月に行われた+'S(プラスエス)様の公演にも私が書いたお話を提供しています。

ただし、『脚本』ではなく『脚本原案』という形です。

私が大学生の頃の書いた小説を提供し、それを+'S様が脚本に書き直し、舞台で演劇にしたのです。

過去の記事で「脚本を書かせていただいた」と嘘をついて申し訳ありません。



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[3回]

こんにちは、threeです。

この度、川住河住(カワズミカズミ)という筆名で演劇脚本を書かせていただきました。

舞台の日程については、以下の通りとなっております。


演劇ユニット+’S企画公演vol.1

『円、塩、縁(えん×3)』

~3つの’えん’で皆様と我々を繋ぎます~ 3人芝居2本立て。

今回の内容はオカルトとなっております。

①『寄憶』 作・演出:萩上恭行

②『かつての神童』 作:川住河住 演出:大久保寛則

出演 大久保 寛則(+’S)

   住矢 晃大(+’S)

  萩上 恭行

会場 東中野バニラスタジオ (JR東中野駅東口より徒歩10分)

日程 8/11(金) 15:00~/19:00~    

   8/12(土) 15:00~/19:00~    

   8/13(日) 14:00~   

※開場は開演の30分前

料金 前売・当日共2000円(8/11(金)15:00~のみ初回割1000円)

※詳細は演劇ユニット+’S様(@pluseees )Twitterアカウントでも公開しております。



もし興味を持っていただけましたら、ぜひお越しください。

宜しくお願いします<(_ _)>


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[6回]

こんばんは、threeです。

アパートの騒音問題は、ほんの少し良くなった気がします。

それでもまだ「ドスン! バタン!」となることがあります。

次回アパート更新の際には、引っ越せるようにしたいです。


それから会社でこんなトラブルがありました。

最近入社した中途社員がセクハラ発言をするというものです。

私はその方と部署が違うので二、三度しか話したことはありません。

変わっているという印象はありましたが、まさかセクハラ発言をするとは思いませんでした。

しかし色々な方から話を聞いていて、自分もその発言をされていたことに後から気づきました。

ちなみにその発言とは「あなたの体重は何kg?」というものです。

体重を聞かれる行為が不快に感じるかどうかは人それぞれ違います。

が、初対面で相手の体重を聞くのは失礼ですし、おかしいと思いませんか?

病院の健康診断や医者の問診ならまだしも、職場で体重を聞くのはおかしいでしょう。

その中途社員さんは、厳重注意されていました。

ただ、本人は「入社したばかりで緊張していて、コミュニケーションをどう取って良いか分からなかった」と言っていたそうです。

本当に反省しているのでしょうか。

コミュニケーション能力の無さとデリカシーの無さは違う、と思うきっかけになりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[3回]

こんばんは、threeです。

五月の末、私の書いた脚本が無事に演劇となりました。

始まるまでは不安でしたが、始まってしまうとそんなものは一気に吹き飛びますね。

私が書いた脚本なので展開や結末を知っているはずなのですが……。

役者さんの演技や裏方の音響さんや照明さんの演出のおかげで、初めて見る物語のように感じられました。

とても楽しい時間を過ごすことができました(・∀・*)

本当に、執筆依頼をしてくださった劇団の方には感謝です。

次は、夏頃に公演を予定しています(こちらも私が書いたものを使う予定とのことです)。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[5回]

こんばんは、threeです。

最近、アパートの隣に引っ越してきた人がうるさいです。

ある程度の生活音は仕方ないと思います。

しかし、その人が部屋にいる間、数分ごとに大きな音が聞こえてきます。

ドカッ!

ガチャッ!

ドタン!

ガタン!

バタン!

ガタッ!

普通に生活しているだけで、どうして数分おきに隣の部屋に響くほど大きな音が出せるのでしょう。

アパートの契約更新したばかりですが、今すぐ引っ越したいです(´・ω・`)

とりあえず大家さんに報告して少しでも改善されることに期待したいです。




拍手[3回]

[1]  [2]  [3
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[10/19 three]
[10/19 moon]
[10/10 three]
[10/10 紅玉]
[09/07 three]
[09/06 紅玉]
[08/31 three]
[08/31 紅玉]
[08/30 three]
[08/30 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]