忍者ブログ
HOME > 創作の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
こんばんは、川住河住(カワズミカズミ)です。

第12回GA文庫大賞(後期)一次選考結果発表が行われました。

応募総数816作品で一次通過は246作品だそうです。
https://ga.sbcr.jp/novel/taisyo/12/index.html

私の作品も一次選考を通過することができました。

ホッとしています。

二次選考も通過できるように願っております

拍手[0回]

PR
こんばんは、川住河住(カワズミカズミ)です。

新人賞に応募する長編小説の一作目が完成しました。

15万4千字ほどです。

これから推敲して色々な人に読んでいただこうと思います。

なんとか2019年中に書き終えることができて良かったです。

今年一年ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。

拍手[0回]

こんばんは、川住河住(カワズミカズミ)です。

長編小説『不死身の少女を殺す話』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054892512639

第13回小学館ライトノベル大賞(ガガガ文庫)一次選考通過作品

もみじの木の下で愛を誓い合った二人は一生幸せに暮らすことができる。

そんな伝承が残っている高校の中庭に呼び出された主人公・古津正語。

訪れた先には同級生の女の子・西島ふじみが待っていた。

そこで彼は彼女から告白される。

だがその告白は、二人の関係を大きく変えるものだった。

現代ドラマ、オカルト、青春、都市伝説、恋愛、ファンタジー、嘘、マイノリティ、謎、異能力、秘密などの要素が入った小説です。

現在、小説投稿サイト『カクヨム』にて連載中です。

もし少しでも興味を持っていただけましたらお読みください。

よろしくお願いします。

拍手[0回]

9月10日に第26回電撃小説大賞 4次選考結果発表がありました。

ここを通過できれば最終選考です。

さて、私の応募作は……。
















落選しました。

悔しく、情けなく、恥ずかしく、申し訳なく、残念です。

最終選考に残った人には8月中に電話連絡があるそうですが、電話が来なかったのでわかっていたことですが……悔しいです。

今はまた新作を書き始めています。

今度こそ新人賞を受賞してデビューします。

拍手[0回]

こんばんは、川住河住(カワズミカズミ)です。

8月9日に第26回電撃小説大賞 2次・3次選考結果発表がありました。

小説の応募総数は4,607作品。

一次選考を通過できたのは467作品でした。

二次・三次選考を通過できる作品は79作品のみです。

さて、私の応募作は……。




















川住河住『キサラギジャック』 2次・3次選考通過しました!






















4次選考まで残ることができてよかったです。

もしここを通過することができたら次はいよいよ最終選考です。

次へ進めるか、ここで落ちるか……わかりません。

最終選考に残った人には公式サイト発表前に電話連絡があるそうです。

電話が来ることを願って待ちたいと思います。

※現在、一時的に各カテゴリの記事を非公開にしています。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

拍手[2回]

こんばんは、川住河住(カワズミカズミ)です。

7月10日に第26回電撃小説大賞 一次選考結果発表がありました。

小説の応募総数は4,607作品。

そこから通過できるのは467作品のみです。

さて、私の応募作は……。


















川住河住『キサラギジャック』 一次選考通過しました!




















うれしいです。

とてもうれしいです。

電撃小説大賞は国内の小説の新人賞の中で最も応募総数が多いのではないかと言われています。

私はこれまで4回応募しています。

1回目、一次選考落選。

2回目、一次選考落選。

3回目、一次選考落選。

そして今回、4回目で初めて一次選考通過できました。

よかったです。

本当によかったです。

「一次選考は通過できないと思う」

「これ、おもしろいと思ってるの?」

「創作なめてる?」

そんなことばかり言われた作品だったので通過したとわかった時はホッとしました。

拍手[4回]

こんばんは、川住河住(カワズミカズミ)です。

すみません、ブログ更新をすっかりサボってしまっていました。

とりあえず新人賞に応募完了です。

一次選考の結果は7月上旬に発表されると思います。

拍手[2回]

こんばんは、川住河住です。

第4回カクヨムWeb小説コンテストに長編・短編小説6作品応募していました。

読者選考の結果は……すべて落選でした。

それでも読んでくださった方や応援してくださった方がいてくださってとてもうれしいです。

ありがとうございました。

さて、ここからは愚痴というか疑問というか負け犬の遠吠えです。

「そんなこと書いている暇があったらおもしろい作品書けよ」と思いながら読んでください。

ネットの小説のコンテストに作品を応募したのは今回が初めてです。

「ネットの小説コンテストとはどんなものかしらん」と世間知らずなお嬢様のような気分でとりあえず参加してみました。

先に出版社主催の新人賞とネットの小説のコンテストの違いを簡単に説明しておきます(あまり詳しくないので間違っている可能性もあります)。

〇出版社の新人賞

一次選考は、出版社に雇われたアルバイトの下読みさんたちが応募作を読みます。

出版社の新人賞によって応募総数は違います。

多いところで4000作以上、少ないところでも100作以上は送られていると思います。

それらの応募作は十数作ごとに下読みさんたちに振り分けられます。

下読みさんたちは、担当作品すべてに目を通します(最初から最後のページまで読むかどうかは不明)。

そして良いと思ったものを1作~2作ほど次の選考に進ませます。

二次選考からは出版社の編集部の方が作品を読みます。

その中で良いと思ったものをまた次の選考に進ませます。

そして三次、四次選考と通過した作品が最終選考までいきます。

最終選考は出版社やアニメ・映画などの制作会社の偉い方、プロの小説家やゲスト審査員という形で漫画家さんや映画俳優などが読むこともあります。

そして最終選考で良いと思われたものが受賞します。

選考の回数は新人賞によって違いますが、2回~5回くらいでしょうか。

〇ネットの小説コンテスト

私が応募したところは読者選考と編集者選考の2回だけらしいです。

つまり読者選考さえ突破できれば最終選考です。

しかし、この読者選考というものが難しいです。

ネットの投稿サイトに応募された作品は長編3,708、短篇4,573の作品が応募されました。

読者の方は8,000以上の作品をすべて読んでおもしろかった作品に投票するでしょうか。

無理ですよね?

そんな時間も労力もありません。

出版社の選考では下読みさんが必ず自分の作品に目を通してくれます。

ネットの小説コンテストでは必ずしも自分の作品に目を通されるかどうかわかりません。

たとえその作品がおもしろくてもおもしろくなくても……です。

そういう私も知り合いの作品を数作とおもしろそうと思った作品を数作程度しか読めませんでした。

そのため、応募段階でフォロワーさんが多い人ほど評価されやすいので有利だと感じました。

公平ととるか不公平ととるかは人それぞれだと思いますが、私は仕方ないと思います。

フォロワーさんの多い作家さんだってまじめにコツコツと作品を書き続けてファンを作ったのだと思います。

そしておもしろい作品を書かなければファンにはなってくれませんからね。

フォロワーさんの数も実力のうちだと思います。

ただ、投票の件に関しては不満があります。

読者選考は星の数(ポイント数)が選考通過に関係するようです。

拙作『君の背中にはレッテルがある』は、キャラクター文芸部門で13位になったこともあります。

これも読んでくださった方や評価してくださった方のおかげです。

ありがたいことです。

読者選考では自作をいろいろな方に知ってもらうために宣伝することも大事です。

私もTwitterで「もしご興味がありましたらお読みください。よろしくお願いします」と宣伝していました。

この宣伝の方法は人それぞれですし、やり方は自由だと思います。

しかし、これだけは許せないと思った宣伝がありました。

「時間がない方は読まなくてもいいので投票お願いします」

「読者選考を突破してほしいと思うなら投票だけでもお願いします」

つまり、作品を読まずに投票してポイントだけよこせ、ってことですよね?

これ、おかしいと思うのは私だけでしょうか。

たしかに好きな作家さんなら選考に突破してほしいとは思います。

しかし、作品を読んだうえで評価するものではないのでしょうか。

長編小説なら最低でも一話を読んでから投票するものではないのでしょうか。

ネットの小説コンテストの規約には「必ず読んで投票しなければならない」という文言はないので違反ではないと思います。

もし私が「読者選考通過してほしいから投票しておきました。作品は読んでません」と言われたら複雑です。

少なくとも心から喜べませんね。

次回のネット小説コンテストの参加は……わかりません。

とりあえず4月上旬〆切の出版社の新人賞に全力で挑みます。

拍手[0回]

こんばんは、川住河住です。

創作関連の記事なのでペンネームでごあいさつさせていただきます。

読み方は「カワズミカズミ」です。

新人賞応募原稿を執筆中にインフルエンザにかかってしまいましたが、なんとか一月末までに完成させることができました。

今は友人知人やネットで知り合った方々に応募原稿を読んで批評していただいています。

いわゆる「下読み」です。

その際、お世辞でほめない、お金を払う価値があるかどうか、細かいところまで厳しく批評をお願いしました。

誰しも貶されるよりもほめられたいものです。

私も貶されるよりほめられる方がうれしいです。

しかし、創作については別です。

演劇脚本でも小説でも厳しく批評してもらいたいと思っています。

「つまらない」「おもしろくない」「ストーリーがありきたり」「キャラクターの掘り下げが浅い」など、なんでもアリです。

お世辞で無理にほめられても作品も良くなりませんし作者自身も成長しません。

現在も私の心をへし折るような厳しい批評メールが届きます。

私の心はすでにボロボロです。

しかし、作品のおもしろさを読者に伝えられなかった作者がいけないのです。

もっと上手くもっとおもしろい作品を書けるようになります。

拍手[2回]

こんばんは、川住河住です。

第4回カクヨムWeb小説コンテストに長編・短編合わせて6作品を応募しました。

読者選考期間2018年12月1日(土)~2019年2月7日(木)で読者から支持を得た作品が次の選考に進めます。

そして読者選考を通過した作品がプロの小説編集者の選考を受けて受賞作が決定されるそうです。

もしご興味がありましたらぜひお読みください。

カクヨムアカウントを持っていなくても作品は読むことができます。

ただし、カクヨムアカウントを持っていなければレビューや応援コメントは入れられません。

何卒ご了承ください。

短編小説『女子高生は旅に出る』
なにもない田舎町。
つまらない学校で嫌なクラスメイトといっしょに嫌な教師の授業を受ける。
毎日、息がつまりそう。
きっとこの世の中の空気は、私に合わないんだ。
そして私は――。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888366054

短編小説『僕たちに人を愛する資格はない』
20XX年――。
自由恋愛禁止法が施行され、人を愛するには資格が必要になった。
人々は愛の言葉をささやかなくなり、未婚者が増加し、少子化に拍車がかかった。
世界から愛が失われた。
しかし、人々は恋する気持ちを失っていなかった! 世紀末恋愛譚
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888365859

短編小説『骨まで美し』
私の大好きな人は死にました。
もう、この世のどこにも彼女の居場所はありません。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883600762

短編小説『ロッキンホース・ロックンロール』
彼女がロッキンホース・バレリーナの踵を三回打ちつけても行きたいところへ行けない。
だけど彼女がギターの弦を三回かき鳴らせば、世界はほんの少しだけ変わる。
そんな気がする。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054884566391

短編小説『明日も彼女は嘘をつく』
小説家を目指すことにした僕は、学校をサボって図書館へ通う日々を送っていた。
そんなある日、僕は嘘つきな女の子に出会う。
彼女の名前は――。

長編小説『君の背中にはレッテルがある』
とある地方都市・秋葉市。
そこに住む男子高校生・真実には、ふつうの人には見えないものが見える、不思議な力があった。
ある日、【先生】と名乗る謎の男と出会い、その力を使って人助けをしてほしいと頼まれる。
それは真実と同じ学校に通う女子生徒3人。
彼女たちには黒い影があり、それを取り除かなければ死んでしまうという。
真実は【先生】と協力して彼女たちが抱える影の正体を探ることに――。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888027563

拍手[2回]

こんばんは、川住河住です。

1月18日に第13回小学館ライトノベル大賞(ガガガ文庫)二次選考の結果発表がありました。

『騙り部さんとふじみちゃん』 落選でした。

残念ですが、納得しています。

ただこの結果に満足はしていないので、これからも書き続けます!

拍手[2回]

こんばんは、川住河住です。

今回は、あえてペンネームで名乗らせていただきます。

読み方は「カワズミカズミ」です。よろしくお願いします。

12月1日に第13回小学館ライトノベル大賞(ガガガ文庫)結果発表がありました。

さて、私の作品は……。




拍手[4回]

こんばんは、threeです。

嬉しいことに新作舞台の企画が進行中です。

私には神様や仏様を拝む習慣はありませんが、『捨てる神あれば拾う神あり』ですね。

ただ、このご縁には感謝します。

ありがとうございます。

これ以外にも作品の発表ができるようにがんばります。 

川住河住(カワズミカズミ)

拍手[3回]

私の見苦しい言い訳や負け惜しみや愚痴がぐちゃぐちゃと書かれています。

不快に感じる方もいらっしゃるかと思います。

それでも自分の中に溜まったモヤモヤを消化したいので書きます。



拍手[4回]

こんばんは、threeです。

今年の4月に応募していた新人賞の選考結果が出ていました。

残念ながら一次選考落選でした。

悔しいですが、当然の結果と思っています。

前回の賞では自分がおもしろいと思えない『駄作』を送ってしまったと書きました。

今回応募した作品は、駄作とは言いません。

書いた私自身は「そこそこおもしろい」と感じ、読んだ友達も「おもしろい」と評価してくれましたから。

しかし、同時に「商品価値が低い作品に仕上がってしまった。これでは一次選考突破も難しい」とも考えていました。

選考結果が出る前からそんな弱気で情けないことを考えていて恥ずかしいです。

そして結果が予想通りだったのでなおさら恥ずかしいですね。

今回の結果も反省材料にして次の作品に活かしたいと思います。

具体的には、私自身の感性の矯正や市場調査(読者の需要を考える)ことでしょうか。

今回の作品は、私の嗜好や性癖(おもしろいと感じることや書きたいこと)などをできるだけ入れず、出版社が売りたいと考えそうな作品や読者受けが良さそうな作品を書いたつもりでした。

しかし実際には、私の好みがたくさん入った作品になってしまっていたようです。

読んでくれた友人の一人が「今回もあなたの好みがたくさん入っていますね」と言われてしまいましたから。

これを言われた時は、嫌味でないとわかっていてもめちゃくちゃ恥ずかしかったです……。

出版社が売りたいものとか読者受けを狙ったつもりが全く書けていなかったのですから。

ネットなら「勘違い乙」とか「思い上がってんじゃねぇ!」とか「何様のつもりだ」とか「素人がプロ作家気取りか?」と煽られてしまいますね。

それでも自分が書きたいものを書いて選考を突破できていたら結果オーライなのですが、現実はそう甘くありません。

これからは、私がおもしろいと感じるものより出版社が売りたいものや市場(読者)の人気が高いものをもっとよく調査研究し、そういったものを書くようにします。
(※人気作品や人気ジャンルの二匹目のどじょうを狙うわけではないです)

創作において「こだわり」は大事と聞きます。

しかし、私の「こだわり」は「自己満足」かもしれません。

新人賞の一次選考すら突破できていない私の作品には「自己満足」が多いのだと思います。

そんなものはいりません。無駄です。

お金を払う価値がある作品を書けるようになります。

小説でも、脚本でも。

がんばります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

拍手[3回]

こんばんは、threeです。

昨年の11月くらいに応募していた新人賞の選考結果が出ていました。

第10回GA文庫大賞(後期)一次選考落選でした。

この結果を見て、特に何も思いませんでした。

思うことがあるとすれば、当然の結果だなぁ、ということくらいです。

見栄でも何でもなく、悔しいとか悲しいといった感情がわかないのが逆に辛いです。

執筆中も完成後も応募前後も、一度も自分が書いたものに対して「おもしろい」と思えない作品だったからです。

むしろ苦痛しか感じられない作品でした。

あまり自分の書いたものを悪く言いたくないのですが、いわゆる『駄作』です。

書いた本人さえ『駄作』と感じてしまうような作品を送ってしまって申し訳ありません、と出版社の方に土下座したい気持ちでいっぱいです。

もう二度とあんな作品は書きたくないです。

書いても書いても楽しくないおもしろくないもうやめたい、という気持ちしかわきませんでした。

ジャンルを問わず何かを作っている人(創作者)の多くは「つまらない病」を発症すると聞きます。

「これ、本当におもしろいのかな」「自分だけが楽しくて他の人にはつまらないのでは」と不安になる病のことです。

その病気を発症して作品を完成させられず、途中でやめてしまった人をたくさん見てきました。

第10回GA文庫大賞(後期)に応募する作品を書いている間、私もそれに発症しました。

今までにも何度も発症しているので対処法は知っています。

つまらないおもしろくない楽しくない、といった不安を無視して作品を完成させればいいのです。

他人がその作品を見てどう感じるかなんて完成品を見せなければわかりません。

完成する前から他者の評価を気にすることないです。

そんなものは作品を完成させて他者の目に触れられるようになってから気にしましょう。

これはあくまで私なりのやり方です。他者の理解共感が得られるかどうかはわかりません。

人それぞれ創作の手法が違うように、つまらない病を発症した時の対処法も異なると思います。

ただ、今回だけは違いました。

何千字、何万字、何ページ書いても楽しくないですし、おもしろくないですし、つまらないのです。

プロット通りに書き進めているはずなのに、全くおもしろいと感じられませんでした。

そして〆切前に作品が完成してから何度も推敲しましたが、やはりおもしろくなかったです。

それでも完成したのだから応募しました。

しかし、すでに送る前から「こんな駄作では一次選考も通過できない」と諦めていました。

もしかしたら、とか、万が一、といった希望は一切抱きませんでした。

一次選考落選は当然です。

今回の件を強く反省して次の作品作りに活かしたいと思います。

自分が楽しいおもしろいと思えないものを書かないようにがんばります。

現在も新人賞応募作品を執筆中です。

これはつまらない病を発症することなく、楽しいおもしろいと感じながら書いています。

まあ、自分がおもしろいと思っているだけで他の人にはどう感じるかわかりません。

それでもしっかりと完成させて、きっちり〆切前に新人賞へ応募しようと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

拍手[5回]

短篇小説『骨まで美し』 本当に綺麗な人は、骨の髄まで美しいのです

 あらすじ
 私の大好きな人は死にました。
 もうこの世のどこにも彼女の居場所はありません。
 ※残酷描写あり

※小説投稿サイト『カクヨム』にも同内容で掲載


拍手[5回]

短篇小説『傷の歌』  ギュワーン!

 あらすじ
 彼女がロッキンホース・バレリーナの踵を三回打ちつけても、行きたいところへ行けない。
 だけど彼女がギターの弦を三回かき鳴らせば、世界はほんの少しだけ変わる。そんな気がする。

小説投稿サイト『カクヨム』にも同内容で掲載



拍手[3回]

こんばんは、threeです。

最近、とある出版社の新人賞に長篇小説を応募しました。

学生時代に一度応募したきりでしたが、執筆活動再開を機に新人賞投稿も再開してみようと思います。

これまで応募した新人賞は電撃小説大賞小学館ライトノベル大賞GA文庫大賞です。

今のところ全て『ライトノベル』の新人賞です。

投稿するからには、受賞してプロ作家デビューすることが目標です。

ただ、これからも『ライトノベル』の新人賞に送るかどうか、とても迷っています。

私の書く小説が『ライトノベル』なのかそうでないのか、分からないからです。

友達に読んでもらうと「ライトノベルにはなっている」と言ってもらえました。

しかし、ライトノベル系新人賞の受賞作の大半がファンタジー系なのですよね。

私、ファンタジーは書いたことがないです……。

児童書や外国文学のファンタジー作品を読むのは好きですが、書くとなると全く分かりません……。

それでも受賞狙いでファンタジー作品も書いてみるか、『ライトノベル』以外の新人賞に投稿するか、悩んでいます。

少し悩んで出した結論は、挑戦せずに諦めるより挑戦してから考えた方が良いかなということです。

もちろん、演劇脚本でも多くの方に評価していただけるようにがんばります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[3回]

とても楽しい公演からしばらく経ちました。

そんなある日、演劇ユニット+'S(プラスエス)様からメールが届きました。

メールを開いて読むとそれは、公演に来てくださったお客様に記入をお願いしていた会場アンケートをまとめたものでした。

拙作『かつての神童』に関するご意見・ご感想です。

作品を観ていただいただけでなく、ご意見ご感想までいただけるなんて……。

本当にありがとうございます。

さて、素人の私が書いた『かつての神童』の評価は……。



拍手[6回]

役者さんが脚本・演出を担当した演目『寄憶』が終わり、会場は拍手に包まれました。

テーマ『オカルト』にピッタリの不思議で不気味なお話でした。

会場は照明が落とされて暗くなります。

その間に舞台のセットが片づけられます。

それから私が書いた脚本『かつての神童』が上演されました。

私が考えた登場人物を役者さんが演じ、私が考えた台詞を話し、私が考えた物語が進行していきます。

次にどんな台詞を話すか、どんな展開になるか、どんな結末を迎えるのか、全て知っています。

私が書いたのですから当然です。

しかし、早く先を見たくて仕方ありませんでした。

役者さんがどんな表情を見せるのか、どんな口調で話すのか、どんな動きを見せるのか、気になって仕方ありません。

観ているだけで楽しくて、嬉しくて、おもしろくて、気分が高揚していきます。

前回は脚本原案(小説)、今回は脚本、それぞれ提供して舞台化していただいています。

それらの演劇を観て思ったことは、小説執筆は個人作業で、脚本執筆は共同作業ということです。

私は小説も脚本もパソコンを使って文字を打ち込んで書いています。

そして始めから終りまで書き上げます。

小説は書きあげたらそこで完成だと思います。
※あくまで個人的意見です。その後も色々ありますが、ひとまず完成、程度に思ってください。

しかし脚本は違います。

書き上げた脚本は役者さんの手に渡り、稽古を重ねて台詞や流れを覚え、演出を加えていきます。

また、芝居を盛り上げるための音響や照明を担当される裏方さんも欠かせない存在です。

そして舞台で観客に披露し、そこで初めて完成だと思います。
※あくまで個人的意見です。演劇知識ほぼ皆無の素人意見です。

舞台上で最後の台詞が役者さんの口から発せられました。

そこでようやく――『かつての神童』は完成したのです。

短いような長いような、とても素晴らしい時間を過ごすことができました。

本当にありがとうございます。

すみません、まだ続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[4回]

完成した脚本を演劇ユニット+'S様に提出後、しばらくしてからお返事をいただきました。

「気に入りました。好きな作品です」(ほぼ原文まま)

無事に夏公演の脚本として認めていただきました。

脚本の書き方や展開で色々と言われましたが、形にはなっているようでホッとしました。

同時に、ありがたいですし、嬉しかったです。

自分が書いたものを人に読んでもらえるだけでもありがたいですし嬉しいです。

それどころか、作品を褒めてもらえるなんて……。

それから演劇ユニット+'S様や他の役者さんは夏公演に向けて稽古を始めました。

私も『かつての神童』の演出を担当される役者さんとメールで色々と話し合います。

といっても、稽古場には一度もお邪魔することはなかったです。

もし機会があれば、練習風景も拝見したいなと思っています。

そして本番――公演当日を迎えました。

私が行った日は、用意されていた席全てに人が座っていました。

ざっと数えて15人~20人はいたと思います。

多いのか少ないのか分かりませんが、全員にお礼を言いたくなりました。

続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[3回]

夏真っ盛りの8月ということで『オカルト』がテーマの企画公演でした。

しかし、+'S様から「『オカルト』がテーマの作品を書いてくれ」とは頼まれていません。

それどころか、書きたいことを自由に書いて良いと言われました。

ありがたいことです。

その言葉通り、私は自分が書きたいことを好きなように書かせていただきました。

拙作『かつての神童』は、最初に題名を決めました。

なんとなく、『かつての神童』という題名でお話を書いてみたいと思い浮かんだのです。

これは、私が小説を書く時によくやる書き方の一つです。

最初に題名を決めて、その題名から連想できるストーリーや登場人物を考えます。

そして頭の中で少しずつ想像をふくらませていき、物語の始め(起)と終り(結)を考えていきます。

それから登場人物を動かしたり場面を思い浮かべたりして、物語の展開(承転)を決めます。

始めから終りまでの流れが決まったら書き始めます。

あとは書きながら分かりにくいところを修正したり余分なところを削ったりして完成させます。

演劇脚本を書くのは初めてでした。

それでも小説を書いている時と同じ感覚になりました。

この場面を書きたい、登場人物にこの台詞を言わせたい、この文章表現を使いたい、など次々に言葉があふれてくるのです。

それがもう、おもしろくて、楽しくて、書いている間ずっと気持ちが昂っていました。

マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用を『ランナーズハイ』と言います。

それならば、長時間執筆を続けると気分が高揚してくる作用を『ライターズハイ』と言うのでしょうか。

もちろん、最初から最後まで難なく書けたわけではありません。

良い表現が思い浮かばなかったり展開が雑だと感じたり、執筆が止まることは何度もありました。

何行も書いた文章を一気に消したり、一文字も書けない日があったり、辛いこともありました。

それでも楽しくておもしろいという喜びがあるから完成させることができました。

続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[4回]

こんばんは、threeです。

気がつけば公演告知記事を掲載し、その公演が終わってから時間が経ちすぎていました。

多くの方々にお祝い応援コメントを頂いたにも関わらず、すっかりブログ更新をサボってしまい申し訳ありません。

2017年8/11(金)~8/13(日)、演劇ユニット+’S(プラスエス)様の企画公演が無事に開催されました。

私も一般の方に混じって観てきましたが、とても楽しい公演でした(・∀・)

演劇の舞台を見たことは両手で数える程度です。

また、これまで演劇脚本の執筆経験もありません。※

そんな知識も経験もない素人の私が書いたお話に、+'S(プラスエス)様が演出をつけ、舞台の上で役者さんが演じてくださいました。

大事に作ってくださってありがとうございます。

本当にありがとうございます。

別の記事に続きます。


※「これまで演劇脚本の執筆経験もありません」について

今年5月に行われた+'S(プラスエス)様の公演にも私が書いたお話を提供しています。

ただし、『脚本』ではなく『脚本原案』という形です。

私が大学生の頃の書いた小説を提供し、それを+'S様が脚本に書き直し、舞台で演劇にしたのです。

過去の記事で「脚本を書かせていただいた」と嘘をついて申し訳ありません。



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[3回]

こんにちは、threeです。

この度、川住河住(カワズミカズミ)という筆名で演劇脚本を書かせていただきました。

舞台の日程については、以下の通りとなっております。


演劇ユニット+’S企画公演vol.1

『円、塩、縁(えん×3)』

~3つの’えん’で皆様と我々を繋ぎます~ 3人芝居2本立て。

今回の内容はオカルトとなっております。

①『寄憶』 作・演出:萩上恭行

②『かつての神童』 作:川住河住 演出:大久保寛則

出演 大久保 寛則(+’S)

   住矢 晃大(+’S)

  萩上 恭行

会場 東中野バニラスタジオ (JR東中野駅東口より徒歩10分)

日程 8/11(金) 15:00~/19:00~    

   8/12(土) 15:00~/19:00~    

   8/13(日) 14:00~   

※開場は開演の30分前

料金 前売・当日共2000円(8/11(金)15:00~のみ初回割1000円)

※詳細は演劇ユニット+’S様(@pluseees )Twitterアカウントでも公開しております。



もし興味を持っていただけましたら、ぜひお越しください。

宜しくお願いします<(_ _)>


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[6回]

[1]  [2
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
(05/07)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]