忍者ブログ
HOME RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
ご訪問ありがとうございます。

最新記事は一個下です。

昔話

イカレた人に好かれやすい「私」が体験したことを書いた日記です

笑える人には笑えます(・∀・)ニヤニヤ

人気記事

昔話『他人の家族会議に参加した』

昔話『シュラララバ!!』

昔話『嘘つきすーくんとイカレたきーちゃん』

昔話『あの日見た花の名前を私達は忘れない』

昔話『ドウゲン坂から』

昔話『ネコ耳メイドとSF執事、そして安楽死探偵』

・本記

一般文芸や絵本、ライトノベルなどのレビューを載せています。

読みたい本を探すための手助けになればと思っています。

人気記事

本『もしドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら』 藤野英人

本『ハーモニー』 伊藤計劃

本『選ばなかった冒険―光の石の伝説―』 岡田淳

・漫記

漫画のレビューを載せています。

読みたい漫画を探すための手助けになればと思っています。

人気記事

漫画『リアル公務員』 著:町田智弥 画:かたぎりもとこ

漫画『ルルとミミ』 

漫画『犯罪王ポポネポ』 小路啓之

漫画『テラフォーマーズ』 作・貴家悠 画・橘賢一

・映記

映画やドラマのレビューを載せています。

観たい映画やドラマを探すための手助けになればと思っています。

人気記事

映画 「シュガー&スパイス 風味絶佳」 監督:中江功

映画「ディープ・ブルー」 監督:レニー・ハーリン

映画「リンダリンダリンダ」 監督:山下敦弘



ブログランキング・にほんブログ村へ


拍手[82回]

PR
こんばんは、川住河住です。

第4回カクヨムWeb小説コンテストに長編・短編小説6作品応募していました。

読者選考の結果は……すべて落選でした。

それでも読んでくださった方や応援してくださった方がいてくださってとてもうれしいです。

ありがとうございました。

さて、ここからは愚痴というか疑問というか負け犬の遠吠えです。

「そんなこと書いている暇があったらおもしろい作品書けよ」と思いながら読んでください。

ネットの小説のコンテストに作品を応募したのは今回が初めてです。

「ネットの小説コンテストとはどんなものかしらん」と世間知らずなお嬢様のような気分でとりあえず参加してみました。

先に出版社主催の新人賞とネットの小説のコンテストの違いを簡単に説明しておきます(あまり詳しくないので間違っている可能性もあります)。

〇出版社の新人賞

一次選考は、出版社に雇われたアルバイトの下読みさんたちが応募作を読みます。

出版社の新人賞によって応募総数は違います。

多いところで4000作以上、少ないところでも100作以上は送られていると思います。

それらの応募作は十数作ごとに下読みさんたちに振り分けられます。

下読みさんたちは、担当作品すべてに目を通します(最初から最後のページまで読むかどうかは不明)。

そして良いと思ったものを1作~2作ほど次の選考に進ませます。

二次選考からは出版社の編集部の方が作品を読みます。

その中で良いと思ったものをまた次の選考に進ませます。

そして三次、四次選考と通過した作品が最終選考までいきます。

最終選考は出版社やアニメ・映画などの制作会社の偉い方、プロの小説家やゲスト審査員という形で漫画家さんや映画俳優などが読むこともあります。

そして最終選考で良いと思われたものが受賞します。

選考の回数は新人賞によって違いますが、2回~5回くらいでしょうか。

〇ネットの小説コンテスト

私が応募したところは読者選考と編集者選考の2回だけらしいです。

つまり読者選考さえ突破できれば最終選考です。

しかし、この読者選考というものが難しいです。

ネットの投稿サイトに応募された作品は長編3,708、短篇4,573の作品が応募されました。

読者の方は8,000以上の作品をすべて読んでおもしろかった作品に投票するでしょうか。

無理ですよね?

そんな時間も労力もありません。

出版社の選考では下読みさんが必ず自分の作品に目を通してくれます。

ネットの小説コンテストでは必ずしも自分の作品に目を通されるかどうかわかりません。

たとえその作品がおもしろくてもおもしろくなくても……です。

そういう私も知り合いの作品を数作とおもしろそうと思った作品を数作程度しか読めませんでした。

そのため、応募段階でフォロワーさんが多い人ほど評価されやすいので有利だと感じました。

公平ととるか不公平ととるかは人それぞれだと思いますが、私は仕方ないと思います。

フォロワーさんの多い作家さんだってまじめにコツコツと作品を書き続けてファンを作ったのだと思います。

そしておもしろい作品を書かなければファンにはなってくれませんからね。

フォロワーさんの数も実力のうちだと思います。

ただ、投票の件に関しては不満があります。

読者選考は星の数(ポイント数)が選考通過に関係するようです。

拙作『君の背中にはレッテルがある』は、キャラクター文芸部門で13位になったこともあります。

これも読んでくださった方や評価してくださった方のおかげです。

ありがたいことです。

読者選考では自作をいろいろな方に知ってもらうために宣伝することも大事です。

私もTwitterで「もしご興味がありましたらお読みください。よろしくお願いします」と宣伝していました。

この宣伝の方法は人それぞれですし、やり方は自由だと思います。

しかし、これだけは許せないと思った宣伝がありました。

「時間がない方は読まなくてもいいので投票お願いします」

「読者選考を突破してほしいと思うなら投票だけでもお願いします」

つまり、作品を読まずに投票してポイントだけよこせ、ってことですよね?

これ、おかしいと思うのは私だけでしょうか。

たしかに好きな作家さんなら選考に突破してほしいとは思います。

しかし、作品を読んだうえで評価するものではないのでしょうか。

長編小説なら最低でも一話を読んでから投票するものではないのでしょうか。

ネットの小説コンテストの規約には「必ず読んで投票しなければならない」という文言はないので違反ではないと思います。

もし私が「読者選考通過してほしいから投票しておきました。作品は読んでません」と言われたら複雑です。

少なくとも心から喜べませんね。

次回のネット小説コンテストの参加は……わかりません。

とりあえず4月上旬〆切の出版社の新人賞に全力で挑みます。

拍手[0回]

こんばんは、川住河住です。

創作関連の記事なのでペンネームでごあいさつさせていただきます。

読み方は「カワズミカズミ」です。

新人賞応募原稿を執筆中にインフルエンザにかかってしまいましたが、なんとか一月末までに完成させることができました。

今は友人知人やネットで知り合った方々に応募原稿を読んで批評していただいています。

いわゆる「下読み」です。

その際、お世辞でほめない、お金を払う価値があるかどうか、細かいところまで厳しく批評をお願いしました。

誰しも貶されるよりもほめられたいものです。

私も貶されるよりほめられる方がうれしいです。

しかし、創作については別です。

演劇脚本でも小説でも厳しく批評してもらいたいと思っています。

「つまらない」「おもしろくない」「ストーリーがありきたり」「キャラクターの掘り下げが浅い」など、なんでもアリです。

お世辞で無理にほめられても作品も良くなりませんし作者自身も成長しません。

現在も私の心をへし折るような厳しい批評メールが届きます。

私の心はすでにボロボロです。

しかし、作品のおもしろさを読者に伝えられなかった作者がいけないのです。

もっと上手くもっとおもしろい作品を書けるようになります。

拍手[2回]

>u-miさん

ご訪問、拍手コメントありがとうございます。
読んでいただけただけでもありがたいですしとてもうれしいです。
読書家のu-miさんのお暇つぶしになったらいいと思いつつ厳しく読んでもらいたいとも思います。

拍手[1回]

こんばんは、川住河住です。

第4回カクヨムWeb小説コンテストに長編・短編合わせて6作品を応募しました。

読者選考期間2018年12月1日(土)~2019年2月7日(木)で読者から支持を得た作品が次の選考に進めます。

そして読者選考を通過した作品がプロの小説編集者の選考を受けて受賞作が決定されるそうです。

もしご興味がありましたらぜひお読みください。

カクヨムアカウントを持っていなくても作品は読むことができます。

ただし、カクヨムアカウントを持っていなければレビューや応援コメントは入れられません。

何卒ご了承ください。

短編小説『女子高生は旅に出る』
なにもない田舎町。
つまらない学校で嫌なクラスメイトといっしょに嫌な教師の授業を受ける。
毎日、息がつまりそう。
きっとこの世の中の空気は、私に合わないんだ。
そして私は――。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888366054

短編小説『僕たちに人を愛する資格はない』
20XX年――。
自由恋愛禁止法が施行され、人を愛するには資格が必要になった。
人々は愛の言葉をささやかなくなり、未婚者が増加し、少子化に拍車がかかった。
世界から愛が失われた。
しかし、人々は恋する気持ちを失っていなかった! 世紀末恋愛譚
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888365859

短編小説『骨まで美し』
私の大好きな人は死にました。
もう、この世のどこにも彼女の居場所はありません。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883600762

短編小説『ロッキンホース・ロックンロール』
彼女がロッキンホース・バレリーナの踵を三回打ちつけても行きたいところへ行けない。
だけど彼女がギターの弦を三回かき鳴らせば、世界はほんの少しだけ変わる。
そんな気がする。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054884566391

短編小説『明日も彼女は嘘をつく』
小説家を目指すことにした僕は、学校をサボって図書館へ通う日々を送っていた。
そんなある日、僕は嘘つきな女の子に出会う。
彼女の名前は――。

長編小説『君の背中にはレッテルがある』
とある地方都市・秋葉市。
そこに住む男子高校生・真実には、ふつうの人には見えないものが見える、不思議な力があった。
ある日、【先生】と名乗る謎の男と出会い、その力を使って人助けをしてほしいと頼まれる。
それは真実と同じ学校に通う女子生徒3人。
彼女たちには黒い影があり、それを取り除かなければ死んでしまうという。
真実は【先生】と協力して彼女たちが抱える影の正体を探ることに――。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888027563

拍手[2回]

>まっちゃんさん

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
長編小説の連載にお付き合いくださいましてありがとうございます。
アカウントを作ってレビューや応援コメントまでありがとうございます。
とてもうれしいです。読者選考突破できるようにしたいです。


>u-miさん

ご訪問コメントありがとうございます。
結果は残念でしたが、私はあきらめの悪い人間なのでこれからも書きます。
この悔しさをばねにしてもっとおもしろいものを、もっと上手く書きます。

ご心配おかけしてすみません。
大分良くなりました。38度台だった熱も36台まで下がりました。

拍手[3回]

十数年ぶりにインフルエンザにかかってしまいました。

しばらく執筆はお休みします。

早く治すことに専念します。

拍手[1回]

こんばんは、川住河住です。

1月18日に第13回小学館ライトノベル大賞(ガガガ文庫)二次選考の結果発表がありました。

『騙り部さんとふじみちゃん』 落選でした。

残念ですが、納得しています。

ただこの結果に満足はしていないので、これからも書き続けます!

拍手[2回]

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします

拍手[3回]

>u-miさん

ご訪問ありがとうございます。
お祝いのお言葉もありがとうございます。
うれしいです。
はい、大きな一歩です。誰がなんと言おうと前進するための一歩ですから。
これからもがんばっていこうと思います。

拍手[2回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新CM
[03/08 three]
[03/08 紅玉]
[02/15 three]
[02/15 紅玉]
[01/22 three]
[01/22 three]
[01/21 紅玉]
[01/21 紅玉]
[01/07 three]
[01/07 紅玉]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]