忍者ブログ
HOME > 昔話『シュラララバ!!』 > 昔話『シュラララバ!!』 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
今回は修羅場の話です。

私の体験談ではありますが、私自身の恋の話ではありません。

悲しいことにそれほど恋多き人生を送っていませんから……。

まあ、そんなことはどうでもいいのです(・∀・)キニシナイ♪

これは私が高校生のときの話です。

私は、ある友達の家に遊びにいっていました。

そこに突然の訪問者がやってきました。












バタン!!















大きな音とともに扉が開かれ、一人の女の子が現れました。

友達の妹さんかお姉さんだと思って挨拶しておきました。

私「こんにちは。おじゃましてます」

友「挨拶なんてしなくていいよ」

私「なんで? ご家族に挨拶は必要でしょ」

友「家族じゃねーよ。彼女だよ」

私「ああ、もうすぐ家族になる人ね(・∀・)ヒューヒュー」

友「ならねーよ!!」

それって恋人のことを全否定してないか、とは言えません。














だって友達の目が怖かったんだもん(´・ω・`)ヤダーコワーイ











突然入ってきた女の子は友達の恋人でした。

そして彼女は、開口一番こう言いました。

「友くん、浮気してるでしょ」

その一言によって先ほどまでの穏やかな空気はどこかへいってしまい、緊張感のある場となりました。

そんな状況でテレビゲームをするわけにもいきません。

私は静かに64のコントローラーを置きました。

あ、もちろんソフトは「スマブラ」です。

友達は、何も言わずに黙ってしまいました。

女の子は、じっと彼氏のことを睨みつけます。

私は、極細ポッキーを食べました。


















私(極細ポッキーが美味しい……)













どこからか「空気読め」とか「帰れ」という言葉が聞こえてきそうな気がします。

でも、昔のエロい人はこんな言葉を遺しています。

「他人の修羅場ほど面白いものはない」















まあ、嘘ですけどね。

     
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン Twitterボタン

拍手[8回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[650]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [642]  [641]  [640]  [639]  [638
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[10/19 three]
[10/19 moon]
[10/10 three]
[10/10 紅玉]
[09/07 three]
[09/06 紅玉]
[08/31 three]
[08/31 紅玉]
[08/30 three]
[08/30 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]