忍者ブログ
HOME > 昔話『シュラララバ!!』 > 昔話『シュラララバ!!』 5 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
前回のあらすじ

頭の中で誰かが言った。

「修羅場が、随分と変な事になってるみたいだねえ。
 わくわくしてこないかい、君の大好きなイカレた日常が始まるよ?
 日常を楽しむには──常に進化を続けないといけないんだ」

とある友達の家。

そこには再び動き始めた友達の関係者が集う。

真実を探し続ける少女。

窮地に立たされる友達。

イカレた修羅場の再来を宣言する私。

そんな彼らの「今」は、果たして日常か非日常なのか──。

さあ、みんな一緒に──シュラララバ!!5



私「そう。友達といっしょに合コンに行った話~♪」

その言葉によって場は凍りつきました。

友達の顔は、血の気が引いたように青くなっています。

彼女の顔は、口をパクパクさせる金魚のように茫然としています。

何を言っているんだ、お前は。

という顔を両者が見せます。

私はそれを無視して電話の相手と話を続けます。






私「へぇー。友達は、一番楽しんでたんだー」





友「やめろ」





私「へぇー。その中の一人と今度デートするのかー」






友「やめろよ」






私「え? もう付き合ってるの?」










友「やめろー!!」













友達が私に掴みかかってくるかと思いました。

しかし、そんなことはされませんでした。

彼女さんがしっかりと彼氏の手を掴んでいたからです。

女「ねえ、どういうこと?」

友「……」

女「ねえ、嘘だよね。嘘って言ってよ」

友「……」

彼氏の友くんが何も答えようとしないので、電話を切った私が代わりに答えてあげることにしました。













私「すべて本当のことだよ」












そう言い残すと、私は友達の家を出ることにしました。

部屋の戸を閉めた瞬間、女の子の甲高い悲鳴や泣き声が聞こえてきました。

つづく。

     

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン Twitterボタン


拍手[2回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[658]  [657]  [656]  [651]  [650]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [642
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]