忍者ブログ
HOME > 昔話『シュラララバ!!』 > 昔話『シュラララバ!!』 3 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
前回のあらすじ

ある友達の家。

人を愛することが不器用な人間の集う。

彼氏の浮気の真偽に悩む女子高生.

浮気疑惑のある友達。

極細ポッキーとプリッツを食べる私。

そんな友達の家に集う人々を巻き込んだ転機がやってきた。

それにより、閉塞した空間が壊れ始めていく――。



数に頼る、なんて言ってませんけれど、ケータイ電話を開いたのは事実です。

ケータイ電話のメール受信BOXを開いて彼女さんに見せました。

私「これ見てよ」

女「……なに?」

私が差し出したケータイに写しだされていたものは……。

















友『俺の彼女、マジで可愛い♪』

友『今日もこれからデートだぜ。うらやましいだろ?』

友『俺は彼女といっしょにいられるだけで幸せだ』















女「え、なに……これ?」

私「友達からきた彼女さんとのノロケメール」

友「ちょ、何見せてんだよ、お前」

恥ずかしいからやめろと口では言っていますが、体は正直です。














彼女さんの見えないところで右手の親指をグッと立てていました(・∀・)b











女「うそ。やだ。こんなことまで……」

さっきまで泣きそうだった彼女さんは、嬉しさ半分恥ずかしさ半分でメールを見ていきます。

友「これでわかっただろ? 浮気なんてしてないって」

女「……うん、ごめんね」

彼女さんは友達に抱きつきました。

友達は彼女さんを強く抱きしめました。

私は「ポテトチップス コンソメパンチ」の袋を開けました。

HAPPY END

















これがフィクションの世界ならよかったんですけどね。

残念ながら現実です。

そして最初に言った通り、この昔話の登場人物たちは全員イカレているのです。

イカレた人間は、何をするか分からない生き物なのですよ。

つづく。

     

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン Twitterボタン


拍手[4回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[651]  [650]  [649]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [643]  [642]  [641
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[06/10 three]
[06/08 紅玉]
[06/06 three]
[06/05 紅玉]
[06/04 three]
[06/03 moon]
[05/17 three]
[05/16 紅玉]
[04/28 three]
[04/28 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]