忍者ブログ
HOME > 昔話『734円の事情』の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2019.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2019.11
前回のあらすじ

「誰も信じちゃいけない」

「そう。家族も友達も恋人も」

「愛想笑いしか浮かべない奴なんてもう最悪」

「信じなければ騙されない」

「信じなければ傷つかない」

拍手[2回]

PR
前回のあらすじ

ファミレス店員は見た!

キレる若者!! 突然泣き出す女の涙のワケは!?


拍手[0回]

前回のあらすじ

姉(偽)からもらったケータイ電話。

あんなに大事にしてたのに、壊れて出ない音があるー。

どーしよ。

どーしよ。


拍手[0回]

前回のあらすじ

山盛りポテトくださーい。



拍手[0回]

前回のあらすじ

古谷実の漫画に出てきそうな女と一緒に食事。

代金は私持ちです。

でも、払う気なんてありません♪

拍手[0回]

前回のあらすじ

第二ラウンド 狂気の晩餐会






拍手[4回]

前回のあらすじ

「金出せよ」

「拾えよ」

「……」

「……」

お金を粗末に扱ってはいけませんよ?

と、自分の命を粗末に扱っている私が言ってみます。

拍手[0回]

ある日、生まれた街に帰ってきたときのことです。

駅構内のベンチに座って休んでいました。

私(ねむい……)

行くところはあるけど、あんまり行く気がしないという心境になっていました。

少し俯いて寝ようかなと思っていたら、誰かが私の前に立って声をかけてきました。

「ねぇ、金貸してくれない?」

顔をあげたら、背の高い女性が立っていました。

古谷実の漫画に出てきそうな容姿の女性でした。

「ねぇ、金貸してくれない?」

もう一度言われました。

私(カツアゲか……面倒だな……)

そう思いながら、たまたまポケットに入っていた小銭を取り出しました。

それから小銭を握った手を彼女に差し出しました。

小銭を持った手を差し出すと、女は受け取るために手を出してきました。

私「……」

女「……」















チャリチャリチャリチャリチャリャン~♪












私「……」

女「……」

















私「拾えよ」
















冷たい床に落ちる小銭たち。

無表情のまま女性を見る私。

侮蔑するような目で私を見る女。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン ブログランキング

拍手[2回]


カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新CM
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
[07/15 three]
[07/14 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]