忍者ブログ
HOME > 昔話『734円の事情』 > 昔話『734円の事情』10 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
前回のあらすじ

「誰も信じちゃいけない」

「そう。家族も友達も恋人も」

「愛想笑いしか浮かべない奴なんてもう最悪」

「信じなければ騙されない」

「信じなければ傷つかない」


私「泣けば優しくしてくれると思った? 同情すると思った?」

涙は女の武器です。

しかし、時と場所、相手を考えて使わないといけませんよ?

私のような血も涙もない人間には通用しないのです♪

だってどうでもいいんですよ。

他人の家族が死のうが生きていようが私には関係ないことですから。

それに、こんなタイミングで弟が死んだとか言われても嘘にしか思えませんよね。

私「今さらお涙ちょうだいとかどうでもいいんだよ」

女「……」

私「カツアゲして、ローキックかまして、飯おごらせて、これ以上ナニしたいの?」

女「……」

女はぐすぐすと泣きながら俯いています。

私「ご飯も終わったから帰るね」

女「……」

私「またね……お姉ちゃん」

女「待って」

私「なに?」

女は顔をあげて言いました。
















女「バーカ」















電池パックとデータカード、それから1万円と734円をテーブルに置いて席を立ちました。

携帯電話の修理代には足りませんが、お花を買うには十分だと思います。














私(そろそろ私も行こうかな……ありすのお墓参り……)

おわり。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン ブログランキング

拍手[2回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[801]  [800]  [798]  [796]  [792]  [790]  [789]  [787]  [783]  [782]  [785
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[06/10 three]
[06/08 紅玉]
[06/06 three]
[06/05 紅玉]
[06/04 three]
[06/03 moon]
[05/17 three]
[05/16 紅玉]
[04/28 three]
[04/28 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]