忍者ブログ
HOME > 西原理恵子の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』 西原理恵子 文藝春秋



飲酒で高校を退学処分。

水商売でアルバイト。

結婚、出産、離婚したのち、アルコール依存症だった元夫がガンを患い、最期を看取る。

そんな作者がこれまでの人生で培ってきた処世術を伝授する。

仕事、家庭、男と女、性格、トラブル、5つのジャンルに関する読者からの悩みに答えていく。

決して正攻法ではないけれど、いざという時に役に立ちそうなヒント。

「普通」の悩み相談に飽きてしまった方にオススメ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン

拍手[3回]

PR
『この世でいちばん大事な「カネ」の話 西原理恵子 角川書店

夢を追っているのか、夢を見ているのか、悩んでいる方に。



「どうしたら夢がかなうか?」

って考えると、ぜんぶを諦めてしまいそうになるけど、

そうじゃなくって

「どうしたらそれで稼げるか?」って考えてみてごらん。

そうすると、必ず、次の一手が見えてくるものなんだよ。

お金のない地獄を味わった子どもの頃。

お金を稼げば「自由」を手に入れられることを知った駆け出し時代。

やがて待ち受ける「ギャンブル」という名の地獄。

「お金」という存在と闘い続けて、やがて見えてきたものとは……。

「お金」と「働く事」の真実が分かる珠玉の人生論。

TVドラマ化された感動のベストセラー。


拍手[0回]

漫画『ぼくんち 下』 西原理恵子 角川文庫



うらぶれた港町の端っこに、ぼくんちはあった。

ぼくたち姉弟3人はそこを追い出され、新しい家で暮らしているが、兄の一太はいまの家に寄りつかない。

お金を稼いでぼくらの家を買い戻そうとしているのだ。

こういちくんから引き継いだシノギがうまくいかない一太は、町を去った。

姉のかの子も大きな決断をする。

そして、ぼくは……。

切なさと希望に溢れる、感動のラストシーン。

マンガ史上に残る叙情漫画の金字塔、完結編!

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン


拍手[0回]

漫画『ぼくんち 中』 西原理恵子 角川文庫



山と海しかない、静かな港町。

ぼくんちはそこのいちばん端っこにあった。

母ちゃんが家の権利書を持ち出していなくなってしまったので、ぼくたち姉弟3人はそこを出た。

いまは新しい家で暮らしている。

姉ちゃんの知り合い「いい人」が用意してくれたマンションだ。

兄の一太は早く独り立ちしたいと、町のチンピラ、こういちくんに裏の商売の手ほどきを受けはじめ……。

母ちゃんは買い物に出たきり、3年も戻ってこない。

父ちゃんは元からいない。

悲しくも滑稽で、それでいて美しい、サイバラワールドの真髄。

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン


拍手[0回]

漫画『ぼくんち 上』 西原理恵子 角川文庫



今日ぼくにお姉ちゃんができた。

山と海しかない、静かな港町。

端に行くとどんどん貧乏になる。

そのいちばん端っこがぼくんちだ。

ぼくの名前は二太。

兄の一太と暮らしている。

母ちゃんは買い物に出たきり、3年も戻ってこない。

父ちゃんは元からいない。

ある日、離れて暮らしていた姉・かの子を連れて、母ちゃんが帰ってきた!

母ちゃんはまたすぐいなくなり、姉弟3人の暮らしが始まるが……。

文藝春秋漫画賞に輝く名作。

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン


拍手[0回]

絵本『いけちゃんとぼく』 西原理恵子 角川書店




いけちゃんは、ずっとまえからそばにいる。

いけちゃんは、なんとなくそばにいる。

人間でもオバケでもない不思議な友達、いけちゃん。

この作品は、そんないけちゃんとぼくの日常を描いた絵本。

いけちゃんは、いろんなことを知っていてぼくに教えてくれる。

いけちゃんとは、いったい何者?

そしてぼくとの関係は?

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン


拍手[3回]

漫画『できるかな クアトロ』 西原理恵子 扶桑社

 
 
「なんでもやってみよう、どこでもいってみよう」の精神で色々な体験をする漫画。

インドでは、ヒジュラに会い行く。

ヒジュラとは、インドのおかまにヒンドゥー教とカレーをかけたもの。

ヒジュラのお仕事「押し売り商売」の観察。

飲み物のようなカレーを飲み、くそ不味いサバカレーを食べる。

そして女でありながらヒジュラのお祭りに参加する著者。

インド以外にも、色々なところへ行く。

カンボジアの次にメシがまずいフィリピンに行く。

そこで孵化しかかり卵のバロットを食べたり、ゴミだらけのスモーキーマウンテンに行ったりする。

ポルトガルでは、白いカフェーでカステラを食べて、怪しいアラブ人にタトゥを彫ってもらう。

中国の北京に女三人で行って老酒を飲み、極寒の日に紫禁城に行く。

そして中国内蒙古自治区ゴビ砂漠で恐竜発掘調査に参加する。

この他に、生きていくのに役立つのか解らないことを教えてくれる漫画や著者のおもしろい日常が載っている。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン ブログランキング

拍手[2回]


カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[05/17 three]
[05/16 紅玉]
[04/28 three]
[04/28 紅玉]
[04/14 three]
[04/14 紅玉]
[04/13 three]
[03/09 three]
[03/08 紅玉]
[03/03 three]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]