忍者ブログ
HOME > 坂木司の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『動物園の鳥』 坂木司 創元推理文庫



僕、坂木司には変わった友人がいる。

引きこもりのコンピュータのプログラマー、鳥井真一という。

僕といっしょなら最低限の外出はできるものの、人間嫌いなところがあるのでやはり変わっている。

春の近づくある日、鳥井真一のもとを二人の老人が訪ねてきた。

僕らの年上の友人でもある木村栄三郎さんと、その幼馴染みの高田安次朗さんだ。

高田さんが働く動物園で、野良猫の虐待事件が頻発しているという。

動物園で鳥井が掴んだ真実は、自身がひきこもりとなった出来事とどうつながるのか――。

鳥井は外の世界に飛び立てるのか。

ひきこもり探偵シリーズ第三弾にして感動の完結編。

文庫番特別付録には、鳥井家の食卓を彩る料理レシピや全国銘菓お取り寄せリストが。

関連作品

本『青空の卵』

本『仔羊の巣』

本『動物園の鳥』

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン




拍手[0回]

PR
『仔羊の巣』 坂木司 創元推理文庫



僕、坂木司には変わった友人がいる。

引きこもりのコンピュータのプログラマー、鳥井真一という。

僕といっしょなら最低限の外出はできるものの、人間嫌いなところがあるのでやはり変わっている。

鳥井真一が風邪で寝込んでいたある日、僕は同僚から相談を受ける。

それは、同期の女性の様子がおかしいというものだった。

慣れない探偵役をつとめた僕が導き出した解答は……。【野生のチェシャ・キャット】

また、木工教室を開くようになった木村栄三郎さんのもとで出会った男性と地下鉄の駅で見かけた少年の悩みを、鳥井はどう解くのか【銀河鉄道を待ちながら】

そして僕自身に降りかかる悪意の連続【カキの中のサンタクロース】

それらの真実を鳥井はどう解明するのか。

ひきこもり探偵シリーズ第二弾。(シリーズ全三作)

関連作品

本『青空の卵』

本『仔羊の巣』

本『動物園の鳥』

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン




拍手[0回]

『青空の卵』 坂木司 創元推理文庫



僕、坂木司には変わった友人がいる。

引きこもりのコンピュータのプログラマー、鳥井真一という。

僕といっしょなら最低限の外出はできるものの、人間嫌いなところがあるのでやはり変わっている。

鳥井が極度の外出嫌いになったのには理由がある。

一つは、母親の不在。

何かに縛られることを極端に嫌った彼の母親は、当初身ごもった子どもを夫に内緒で堕ろそうとしていたらしい。

常識人だった父親は離婚届を突きつけ、母親は子どもが生まれるやいなや、すぐに消えた。

そしてもう一つはありきたりな話だが、いじめが原因だった。

僕が彼と出会ったのは、中学生のとき。

同じクラスにいた彼のことを、僕はずっと気にしていた。

いつも毅然として、何を考えているのか分からず、群れない獣のような印象を持つ彼に、僕はなんとなく憧れていた。

僕は凡庸な家庭に育った型通りの人間のためか、「異能」や「奇行」の才を持つ人に惹きつけられる。

鳥井真一は、そんな僕の前に現れた「理想の友達」だったのだ。

彼へのいじめがエスカレートしていき、卒業が危ういとなったところで僕は彼に向かう決心をした。

そして僕は彼と友達になり、大人になった現在でも付き合いが続いている。

卑怯なタイミングだと思ったし、胸に刻みつけた罪悪感は今でも忘れていない。

複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜がんばっている。

ある日、いつものようにスーパーで買い物をするという口実で鳥井を連れだした。

なじみのスーパーで僕らは、徳用缶詰が積み上げられた狭苦しい缶詰コーナーを歩いていく。

その時、向こうから一人の女性が歩いてくるのが見えた。

狭い通路なのに、必要以上に端に寄っている。

彼女は僕と鳥井の中間地点で何かにつまずき、身体のどこかを商品にぶつけてしまう。

その一秒後には缶詰の山が崩れ落ちてきた。

とっさに彼女の手を引いて助けたものの、その女性は美しい顔で憎しみと苛立たしさをはらんで手を振り払われた。

それから店員を叱責し、その場を去っていった。

もう二度と会わないと思っていたが、僕らはきっかり一週間後に再び彼女と出くわすことになる。

さらに三度目に会った時には……。【夏の終わりの三重奏】

双子の尾行者に悩まされる盲目の少年の話【秋の足音】

謎の贈り物に悩まされる歌舞伎役者の話【冬の贈りもの】

親を捜す幼い子どもを助ける話【春の子供】

知人の小料理屋開店のお祝いにあるお菓子を持って行く話【初夏のひよこ】

料理が趣味の鳥井の食卓で、僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。

鋭い観察眼を持つ鳥井は、何気ない言葉や行動からいとも簡単に解き明かす。

謎を解き、人と出会うことによってもたらされる二人の成長を描いた感動の著者のデビュー作。

ひきこもり探偵シリーズ第一弾!(シリーズ全三作)

関連作品

本『青空の卵』

本『仔羊の巣』

本『動物園の鳥』

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン




拍手[0回]


カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[10/10 three]
[10/10 紅玉]
[09/07 three]
[09/06 紅玉]
[08/31 three]
[08/31 紅玉]
[08/30 three]
[08/30 紅玉]
[08/30 three]
[08/28 名無し]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]