忍者ブログ
HOME > その他:な行の作家さんの記事 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『武士のメシ』 食文化史研究家 永山久夫 宝島社



豆味噌で天下を取った秀吉。

大豆パワーで頭脳を磨いた正宗。

利家とまつのスタミナ夫婦膳。

誰もが知っている有名十九武将登場!!

戦国時代、『食』はひとつの武器であった。

弱音を吐いたら生き残れない、きびしい時代になってきた。

戦国時代と、よく似ている。

今こそ「武士のメシ」の時代である。

食材、料理の選択によって、潜在能力を目覚めさせ、人間力をパワーアップする時代が到来したのである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン


拍手[0回]

PR
『それから』 夏目漱石 新潮文庫



長岡代助は三十歳になっても定職にも就かず、裕福な実家の父や兄の援助を受けている。

高い教育を受けながらも実生活に根を持たない思索家の代助は、自由気ままな生活を続けていた。

そんな彼は親友・平岡とその妻・三千代と再会する。

かつて代助は三千代を愛していた。

しかし、一時の義侠心から平岡に譲ってしまったのだ。

彼らの生活は困窮していて、金の工面を頼りにやってきたことがきっかけで妙な運命に巻き込まれていく。

破局を予想しながらもそれに向かわなければいられない愛を通して明治知識人の悲劇を描く。

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン

拍手[0回]

『“文学少女”と死にたがりの道化』 ファミ通文庫

著:野村美月

イラスト:竹岡美穂

  

恥の多い生涯を送ってきました。

高校二年生になったばかりで“生涯”なんて大袈裟かもしれないけれど、十四歳のぼくが体験した出来事はまさに驚天動地。

ぼく、井上心葉(いのうえこのは)は一年の間、天才美少女作家として日本中の注目を集めていた。

中学三年生の春、ほんの気の迷いで文芸雑誌の新人賞に小説を応募した。

すると、どういうわけだか史上最年少で大賞に輝いてしまったのだ。

文章が女の子の一人称で、ペンネームも井上ミウなんて女の子の名前を使ってたものだから、ぼくは、美少女覆面作家として売り出されることになった。

本はたちまちベストセラー、映画化、ドラマ化、コミックにもなり、社会現象を巻き起こした。

けれど、謎の天才美少女作家井上ミウは、たった一冊の本を残して消滅する。

あんなことがあって――ストレスからくる過呼吸を起こして病院送り、登校拒否までして、小説が書けなくなったからだ。

その後、ぼくは高校に進学し、高校生になりそこで本物の“文学少女”――天野遠子先輩を知ったのだ。

“文学少女”こと天野遠子は、本を愛しすぎるあまり、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。

彼女にとっては水を飲みパンを食べる代わりなのだ。

天野遠子が部長を務める文芸部で、ぼくは彼女のためにおやつと称した作文や詩を書き散らしている。

そんなある日、文芸部に恋愛相談が持ち込まれる。

相談にきた少女、竹田千愛が持ってきた想い人からのラブレターには――。







『恥の多い生涯を送ってきました』







太宰治『人間失格』の主人公の手記の冒頭の引用があった。

そしてこれが思わぬ事件を引き起こし、ぼくと遠子先輩を巻き込んでいくことになる。

“文学少女”シリーズ第一弾!

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン ブログランキング



拍手[3回]

『舞面真面とお面の女』 野﨑まど メディアワークス文庫

 箱を解き 石を解き 面を解け

 よきものが待っている



工学部の大学院生・舞面真面(まいつら・まとも)は、ある年の暮れに叔父の影面(かげとも)からの呼び出しを受け、山中の邸宅に赴く。

そこで真面は叔父からあるお願いを受ける。

そのお願いとは、真面の曽祖父であり、財閥の長だった舞面被面(まいつら・かのも)の遺言の解明だった。

しかしその遺言というのは謎だらけで、何十年と経った今でも誰一人として解けていない。

 箱を解き 石を解き 面を解け

 よきものが待っている

真面は、大学で民俗学を学んでいる従妹の水面(みなも)とともに遺言の謎に挑んでいく。

また、叔父は調査会社の社員・三隅秋三にも頼み、二人の謎解きの補助をすることになった。

金属の箱、体の石、そして――不思議な面をつけた少女。

謎解きに必要なものはすべて揃った。

真面と水面は遺言の謎を解くことができるのか。

“よきもの”とは一体何のことなのか。

第16回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞者が放つ異色ミステリ!!

つづきはネタバレ注意!!



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン ブログランキング Twitterボタン

拍手[2回]

『僕と彼女とギャルゲーな戦い』 西村悠 メディアワークス文庫

ギャルゲーを馬鹿にするものはギャルゲーに泣く。



小説家を目指していたが夢破れ、就職活動も上手くいかない嶋谷一。

落ち込む彼に友人の坂口信彦は、ギャルゲーをやるように勧める。

だが、今の一にはそんなことをやっていられる心の余裕などなかった。

そんな失意の底に沈む彼のもとに、高校時代の憧れの先輩三奈木仙香がやってくる。

思いもよらぬ彼女の訪問に驚く一だが、彼女の言葉を聞いてさらに驚く。

「私に、付き合って欲しいの」

友人の坂口は、二人を見てこう言った。

「マジか、何この展開……ギャルゲーかよ」

半ば無理矢理に彼女に手を引かれてやってきたのは雑居ビルの四階で、そこは仙香が働くゲーム制作会社「コントレイル・ワークス」

嶋谷一が呼ばれたのは、ギャルゲーのシナリオ制作のためだった。

一癖も二癖もある会社の人達とともに、ギャルゲーをやったこともない主人公が奮闘する!

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン Twitterボタン


拍手[0回]

本『Devilman.com』 鳴川光一 文芸社



ルール

一つ、手段は問わない。

一つ、かならず殺すこと。

一つ、新聞記事になること。

一つ、人に話してはならない。

一つ、仲間を裏切ってはならない。

掟 裏切り者には、死あるのみ。

五つのルールと一つの掟によって結ばれた五人の少年たち。

彼らは、少年法を盾にしてそれぞれの目的のために殺人を犯すのだった。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン Twitterボタン


拍手[2回]


カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[03/09 three]
[03/08 紅玉]
[03/03 three]
[03/02 紅玉]
[02/11 three]
[02/10 紅玉]
[02/07 three]
[02/06 紅玉]
[02/01 three]
[01/28 本が好き!運営担当]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]