忍者ブログ
HOME > > [PR] > その他:な行の作家さん > 本『それから』 夏目漱石 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『それから』 夏目漱石 新潮文庫



長岡代助は三十歳になっても定職にも就かず、裕福な実家の父や兄の援助を受けている。

高い教育を受けながらも実生活に根を持たない思索家の代助は、自由気ままな生活を続けていた。

そんな彼は親友・平岡とその妻・三千代と再会する。

かつて代助は三千代を愛していた。

しかし、一時の義侠心から平岡に譲ってしまったのだ。

彼らの生活は困窮していて、金の工面を頼りにやってきたことがきっかけで妙な運命に巻き込まれていく。

破局を予想しながらもそれに向かわなければいられない愛を通して明治知識人の悲劇を描く。

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
何度も昔から再販を繰り返される作品の1つですね。
最近はマンガでも読めるようになっていますけど。それが良いかどうかはさておいても。
光一 URL 2012/10/03(Wed)01:42:04 編集
無題
長く愛読されている作品ですね。
マンガ版は読んだことがありませんが、読んでみたいです。漫画や映画から入って原作にも手を出す人もいますし。
three 2012/10/03(Wed)13:30:14 編集
[1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]