忍者ブログ
HOME > その他:な行の作家さん > 本『さよならドビュッシー』 中山七里 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.05
『さよならドビュッシー』 中山七里 宝島社文庫



ピアニストを目指す遙、16歳。

祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。

それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。

ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生するー。

第8回『このミス』大賞受賞作品。

つづきはネタバレ注意





ピアニストを目指す遥は祖父と従姉妹とともに火事に遭い、一人だけ生き残ったものの全身大火傷を負う。

それでもピアニストになるためコンクール優勝を目指して猛レッスンに励むが、周囲で不吉な事故が度々起こり……。

ミステリにわかだった私もそこそこミステリを読んできたおかげか、このあらすじを見た瞬間におおよその結末を予想できてしまって驚きが全くなかった。

全身大火傷で復活できるかどうかというリアリティはおいておこう。

フィクションだし。

『るろうに剣心』の志々雄真実も似たような境遇から国盗りをしようとがんばったからね。

音楽+スポ根+ミステリという売り文句らしいけど、まずミステリにわかだった私でもバレバレの伏線で結末が想像できてしまったのでミステリ要素は期待できなかった。

ピアノレッスンでコンクールがんばるぞという展開も正直調べたことそのまんま全て書いていて説明臭くて苦手。

地の文ならまだしもキャラのセリフもそうなのでめんどくさい。

この人の作風なのかわからないけど、別の作品でも思ったのが調べたことを全てそのまんま書いているような気がしてならない。

キャラも説明臭いセリフをそのまんま垂れ流すし、説教臭いセリフをダラダラと何行にもわたって言い始めるのが本当に辛い。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1638]  [1637]  [1636]  [1635]  [1634]  [1633]  [1632]  [1631]  [1630]  [1629]  [1628
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]