忍者ブログ
HOME > その他:な行の作家さん > 本『神様のカルテ』 夏川草介 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2018.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2018.07
『神様のカルテ』 夏川草介 小学館文庫




栗原一止は信州にある「二十四時間、三百六十五日対応」の病院で働く、二十九歳の内科医である。

夏目漱石の『草枕』を愛読書としているせいか、少しばかり口調や思考が古風であり、同僚や患者から変人扱いされている。

だが職場は常に医師不足の田舎の病院、四十時間連続勤務だって珍しくない。

そんな他人からの評価など気にしている暇などないのである。

今日もぐるぐるぐるぐる回る毎日を送っている。

そんなある日、母校の信濃大学医局から誘いの声がかかる。

大学に戻れば最先端の医療を学ぶことができるし、四十時間連続勤務もしなくて済む。

しかし大学病院では診てもらえない、死を前にした患者のために働く医者でありたい……。

それが栗原一止の理想であり、目標であった。

悩む一止の背中を押してくれるのは、高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。

そして彼の隣には、世界で一番可愛いと断言できる妻・ハルがいる。

本『神様のカルテ』

本『神様のカルテ2』

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンブログランキングTwitterボタン


文体や登場人物が森見登美彦に似てる。

新人だけど、こういう作風なのかな。

地域医療の現状と人間ドラマをうまく合わせた物語。

一般文芸らしくて好きー♪

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[992]  [991]  [990]  [989]  [756]  [957]  [152]  [150]  [987]  [986]  [539
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[05/29 three]
[05/28 紅玉]
[05/28 three]
[05/27 u-mi]
[05/10 three]
[05/07 紅玉]
[03/23 three]
[03/19 紅玉]
[02/17 three]
[02/17 three]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]