忍者ブログ
HOME > > [PR] > その他:な行の作家さん > 本『バッカーノ! The Rolling Bootlegs』 成田良悟 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『バッカーノ! The Rolling Bootlegs』 成田良悟



禁酒法時代、ニューヨーク。 

裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。

泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。

マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。

チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。

職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。

そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。

彼らはまだ互いに関わりの無い者同士であった。

このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまでは――。

第9回電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)金賞受賞作。

つづきはネタバレ注意。



拍手[0回]




禁酒法時代のニューヨークにかつて錬金術たちが創り出したと言われる『不死の酒』が蘇ったことから泥棒カップルや裏組織の人間たちなどが数奇な運命に巻き込まれていく群像劇。

舞台設定と『不死の酒』というアイテムは興味深い。

群像劇で新人賞を受賞するというのはなかなかすごいことだと思う。

応募規定枚数の上限があるにもかかわらず、登場人物が多数出てきて視点がめまぐるしく変わるのだからどうしたって登場人物は掘り下げられないしまとめきれないものだから。

これまで読んできた群像劇の新人賞受賞作はキツかった。

就職活動と称して執筆したら受賞したという成田氏のデビュー作はどうかと思って読んでみたら群像劇の中ではまあまあ読める。

しっかり群像劇しているし、一作でまとまっている。

今まで読んだものよりは悪くない。

少々物足りないと感じるけれど好みだと思う。

演出がもう少し派手な方が映える気がした程度。
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1546]  [1545]  [1544]  [1543]  [1542]  [1541]  [1540]  [1539]  [1538]  [1537]  [1536
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]