忍者ブログ
HOME > > [PR] > 昔話『734円の事情』 > 昔話『734円の事情』 7 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回のあらすじ

山盛りポテトくださーい。



拍手[0回]


生き別れのお姉ちゃんに会うために戻ってきました。

すでに注文した品は届いていました。

早いです。

とっても早いです。

私が店を出てから数分しか経っていないんですけどね。

早けりゃいいってもんじゃねぇぞ(・Д・ )コラァ

理不尽な怒りは心の中に留めておきます。

女「おかえりんこ。弟くん♪」

私「ただいま……お姉ちゃん」

女「おかえりんこ♪」

私「ただいま……」

女「おかえりんこ♪」

私「……」

女「おかえりんこ♪」

女は、満面の笑みで私に言います。

私は、歪んだ表情しか見せません。











言いたくない……。

言いたくないけど……。

もう……言っちゃう……。














私「ただいまん……」

女「いいから座りなよ。通路に立ってると邪魔だから」

私「……はい」

実際ドリンクバーを取りに行くお客様の迷惑になっていましたからね。

席に座って私も注文したハンバーグを食べ始めました。

悲しいことに美味しいです。

これでマズかったらどこかの美食家さんみたいに

「バカモーン!! このハンバーグをつくったのは誰だー!!」

とか言って帰れたんですけどね。

ご飯を食べ終えて、女がデザートを食べているときに聞きました。

私「ケータイ出して」

女「何のこと?」

私「ケータイ電話を出してください」

女「はい」

女は鞄から携帯電話を取り出して渡してきました。

やけに素直ですね。

私「わーい。お姉ちゃん大好きー♪」

女「弟くんにそう言われると嬉しいな~」

彼女は人を小馬鹿にしたような笑みを浮かべています(・∀・)ニヤニヤ

私「ねぇ、携帯電話折ってもい~い?」

女「弟くんのお願いならいいよー」
















バキィッ!!!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン ブログランキング

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[787]  [783]  [782]  [785]  [784]  [781]  [779]  [778]  [775]  [773]  [770
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]