忍者ブログ
HOME > 映記 > 映画「リンダリンダリンダ」 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2018.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2018.11
映画「リンダリンダリンダ」



監督:山下敦弘

脚本:向井康介 宮下和雅子 山下敦弘

出演:ペ・ドゥナ 前田亜季 香椎由宇 関根史織 

   三村恭代 湯川潮音 山崎優子 甲本雅裕

   松山ケンイチ 小林且弥 小出恵介 三浦誠己

   りりィ 藤井かほり 近藤公園 ピエール瀧

   山本浩司 山本剛史 他

主題歌:「終わらない歌」(THE BLUE HEARTS)

挿入曲:「リンダリンダ」「僕の右手」(THE BLUE HEARTS)

    「April Mirage」「SAYONARA-NOSTALGIA」(Base Ball Bear)


文化祭を間近に控えた地方都市の高校。

軽音楽部のキーボードの恵(香椎由宇)、ベースの望(関根史織)、ドラムの響子(前田亜季)は途方に暮れていた。

文化祭ライヴに向けて練習を重ねてきたが、ギターの萌が指を骨折。

それを機会に元々仲が悪かったボーカルの凛子と恵が喧嘩してしまい、バンドが空中分解してしまった。

三人が出演をあきらめようと思いながらも、三人で演奏できる曲がないかと部室のラジカセを聴き始める。

偶然流した一本のカセットテープから流れ始めるメロディに三人は耳を傾ける。

THE BLUE HEARTS「リンダリンダ」

彼女たちは新ボーカルを探してブルーハーツのコピーバンドで文化祭に参加することを決意。

そんな彼女らが声をかけたのは、偶然通りかかった韓国からの留学生ソン(ペ・ドゥナ)だった。

日本語の日常会話も拙いソンに、日本のロックは歌えるのか――。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン Twitterボタン

拍手[2回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[196]  [983]  [982]  [981]  [218]  [265]  [222]  [180]  [927]  [978]  [975
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[09/19 three]
[09/19 紅玉]
[09/14 three]
[09/13 紅玉]
[08/30 three]
[08/30 紅玉]
[08/17 three]
[08/17 紅玉]
[07/12 three]
[07/12 紅玉]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]