忍者ブログ
HOME > その他:あ行の作家さん > 本『吉原百菓ひとくちの夢』 江中みのり RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2020.08
『吉原百菓ひとくちの夢』 江中みのり メディアワークス文庫



『生きるための食事でなく、ひと時の幸福のための菓子を作る』

江戸の吉原一、料理が美味いと評判の中見世・美角屋。

そこで働く“菓子専門の料理番”太佑は、日々訪れる客や遊女達のために菓子を作っていた。

しかしある日、幼馴染で見世一番の花魁・朝露が全く太佑の菓子を食べていないことを知り……。

切ない想いを秘め、懸命に生きる人々にひとくちの“夢”を届ける。

とある料理番の、心温まる人情物語。

第24回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞受賞作。

つづきはネタバレ注意






江戸の吉原で料理が美味いと評判の中見世で働く菓子専門の料理番太佑は日々訪れる客や遊女たちのために菓子を作る。

しかし幼馴染で花魁の朝露が菓子を食べていないと知り、その訳を知ろうとする人情時代劇

私の苦手なメディアワークス文庫らしい作品だった。

時代小説を書くのは初めてらしいけど、よく調べて書いているとは思う。

ただ、おもしろいかと言われるとおもしろくはない。

連作短篇形式のお話で訪れる客の悩みをお菓子で解決するというお話だけど、幼馴染で花魁の朝露がなんで悩んでいるのかという謎にはつながらない。

そのまま話は進んでいって最後で一気にまとめる感じ。

自分には合わない作品だった。

挿絵や表紙でも気になったのが時代物なのに男性の登場人物たちはちょんまげではないんだなぁと……若者向けだから?

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1585]  [1584]  [1583]  [1582]  [1581]  [1580]  [1579]  [1578]  [1577]  [1576]  [1575
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(06/16)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]