忍者ブログ
HOME > 昔話『裏通りサディスティック』 > 昔話『裏通りサディスティック』16 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
前回のあらすじ

死にぞこないの、死にたがりが、殺されない。


私「何してんの」

目の前には、ナイフを握りしめて泣いている女の子が立っていました。

私「早く殺してくれないかな」

×「無理だよ……」

私「……」

×「できないよ……」

私「いいよ。ナイフ貸せ。自分で死ぬ」

私は一人でもよかったのです。

彼女のようにいっしょに死んでくれる人を待ち望んでなどいませんでしたから。

ナイフに手を伸ばそうとしたら、×××は後ろに隠してしまいました。

私「お前を殺す気はないよ」

×××は首を横に振りました。

面倒くさいなあ。

私が無理やりナイフを奪おうとしたら、突然体がふっ飛びました。

正確には、ふっ飛ばされました。

ふっ飛ばされてからようやく親友に殴られたのだと気づきました。

友「前に約束したよな。もう自殺はしないってよ」

私「よく覚えてたね。そんな昔の約束」

記憶力の悪い親友にしては珍しいことです。

私「でもあの時は飛び降り未遂だよ。今回はナイフで……」

友「自殺には変わりないだろ」

屁理屈を言っても意味がないようです。

私は殴られた痛みに耐えて立ち上がりました。

私「お前を倒して私は死ぬ!」

意味のわからないセリフを発して、私は親友に向かっていきました。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18


読んでくださってありがとうございます<(_ _)>

この話がフィクションだと思いたい方は、そう思ってください。

ノンフィクションだと思いたい方は、そう思ってください。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[719]  [343]  [714]  [706]  [704]  [703]  [702]  [699]  [698]  [697]  [696
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]