忍者ブログ
HOME > > [PR] > 昔話『裏通りサディスティック』 > 昔話『裏通りサディスティック』 11 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回のあらすじ

物語は、ここから加速する。

拍手[0回]


×「覚えてたんだ」

私「記憶力はいいんだよ」

×「覚悟はあるの? っていうか、あんたも死にたかったの?」

私「覚悟はあの時からあるよ。なかったら、そんな約束しない」

×「小学生の時の約束だよ。信じられるわけないじゃん」

私「ああ確かに。でも本気だよ」

私は愛想笑い抜きで、そう言いました。

いつも不真面目な私ですが、死に関することは大真面目なのです♪

遊び半分で言っているわけではありません。

×「信じられない」

私「やっぱり?」

×「あんたが本気なのは分かるよ。でも、あんたは……可哀想な子がいいんでしょ















彼女がワケワカラナイことをしゃべり始めました。

×「あの時あたしに声をかけたのも、可哀相に見えたからでしょ?」

私「あの……」

×「友達でも恋人でも可哀想な子がいいんでしょ?
  自分より不幸せそうな子に優しくして優越感に浸ってるんでしょ。
  ねえ、そうなんでしょう?」
















私「本当にそう思ってる?」
















×「……ごめん」

私「いいよ。突然いっしょに死ぬとか言われても信じられないよね。
  でもさ、人間は誰も信じられないんだから♪」

×「その後、愛想笑いしかしない奴はもっと信用できないって言った」

私「あはは。よく覚えてたね。
信じてくれとは言わないけど、死にたいのは事実だよ」

















×「そろそろ死のうか」

私「うん。人生も十分楽しんだからね」











こうして私は、数年ぶりに会った友達と心中することになりました。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18


読んでくださってありがとうございます<(_ _)>

この話がフィクションだと思いたい方は、そう思ってください。

ノンフィクションだと思いたい方は、そう思ってください。
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[702]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]