忍者ブログ
HOME > 前項現在のページ > 次項 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
本『青春ラリアット!!』 蝉川タカマル 電撃文庫



「行くぞコノヤローッ!」

どこかの有名レスラーばりにマイクコールをし、全校朝礼の場で公開告白をした月島。

その結果はー当然、停学処分となったのだった。

バカの日本代表、月島を心配する者が一人。友人の宮本である。

宮本は傷心の月島を見舞う事に。

その道中で出会ったのが、整った顔立ちながら愛想の欠片もない無表情の少女、長瀬だった。

どうも、長瀬は“あの月島”に惚れているらしい。

その事に驚きつつ、自分に対してなぜか横柄な彼女に怒りも覚える宮本だった。

この奇妙な三角関係が、風雲嵐を巻き起こす事になり――。

第17回電撃小説大賞金賞

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

PR
『姑獲鳥の夏』 京極夏彦 講談社



東京・雑司ケ谷の医院に奇怪な噂が流れる。

娘は二十箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。

文士・関口や探偵・榎木津らの推理を超え噂は意外な結末へ。

古本屋にして陰陽師が憑物を落とし事件を解きほぐす百鬼夜行(京極堂)シリーズ第一弾。



読み応えがある。

序盤というか全編というか至るところでうんちくが語られるので眠い時に読むものではなかった。

「うんちくがあってこその京極作品」という好きな人の気持ちもわかる。

「うんちくがキツイ」という嫌いな人の気持ちもまたわかる。

ミステリとしてはアレだけど、オカルトものとしては楽しめた。

拍手[0回]

本『盤上の向日葵』 柚月裕子 中央公論新社

 

埼玉県天木山山中で発見された白骨死体。

遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに、叩き上げの刑事・石破、かつてプロ棋士を志していた新米刑事・佐野のコンビが捜査を開始した。

それから四か月、二人は厳冬の山形県天童市に降り立つ。

向かう先は、将棋界のみならず、日本中から注目を浴びる竜昇戦の会場だ。

世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とはー!?

つづきはネタバレ注意


拍手[0回]

『烏丸ルヴォワール』 円居挽 講談社



京都に伝わる稀覯本(きこうぼん)『黄母衣内記(きぼろないき)』。

その所有者が謎の死を遂げた。

事故か他殺か。

そして継承を巡り兄弟争いが勃発。

私的裁判・双龍会(そうりゅうえ)が開かれることに。

その準備の中、瓶賀流(みかがみつる)は伝説の龍師「ささめきの山月(さんげつ)」から、一人の少女と行動を共にすることを依頼される。

だがそれは仲間達との敵対を意味していた。

予測のつかない謎は、貴方を虜にする。

「ルヴォワール」シリーズ、第二弾。

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

『丸太町ルヴォワール』 円居挽 講談社文庫



祖父殺しの嫌疑をかけられた御曹司、城坂論語(しろさかろんご)。

彼は事件当日、屋敷にルージュと名乗る謎の女がいたと証言する。

だが、その痕跡はすべて消え失せていた。

そして開かれたのが古(いにしえ)より京都で行われてきた私的裁判、双龍会(そうりゅうえ)。

艶やかな衣装と滑らかな答弁が、論語の真の目的と彼女の正体を徐々に浮かび上がらせていく。

京都大学推理小説研究会に所属し、在学中に『丸太町ルヴォワール』で講談社BOXよりデビュー。

ルヴォワールシリーズ第一弾。

言葉遊びや軽妙な会話劇、巧妙な叙述トリックやいくつもあるどんでん返しの連続を楽しみたい方にはオススメ。



拍手[0回]

『虹の歯ブラシ 上木らいち発散』 早坂吝 講談社



『○○○○○○○○殺人事件』で鮮烈デビューした「奇才」

上木らいちは援交をする高校生で名探偵でもある。

殺人現場に残された12枚の遺体のカラーコピー。

密室内で腕を切断され殺された教祖。

隣人のストーカーによる盲点をつく手口ーー。

数々の難事件を自由奔放に解決するらいち。

その驚くべき秘密が明かされる時、本格ミステリは新たな扉を開く! 

さらにパワーアップした傑作短編集登場。

援交探偵・上木らいちが住む高級マンションの自室には、曜日ごとに通ってくる固定客用に虹色の歯ブラシが揃えられている。

現場に女性の胸部の死斑変化を記録したカラーコピーが残されていた事件。

セックス教団の教祖が密室で殺害された事件。

エロい難事件の数々を、らいちがロジックで鮮やかに解き明かす!

職業娼婦、趣味探偵、援交探偵・上木らいちシリーズ第二弾。

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

『風の歌を聴け』 村上春樹 講談社



1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。

僕たちの夢は、もう戻りはしないーー。群像新人賞を受賞したデビュー作

1970年の夏――。

海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。

2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。

青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。



独特な比喩や軽快なセリフ回し、セックスと酒と音楽。

これが村上春樹らしさなのかな?

拍手[0回]

『書く人はここで躓く! 作家が明かす小説の「作り方」』 宮原昭夫 河出書房新社




小説は「書き方」ではなく「作り方」が重要だ!

「ファーストシーンは後に書け」「描写と情報の違い」など、芥川賞作家・村田沙耶香さんも推薦の小説家になるためのバイブル。


マニュアル本であってルールブックではない、小説創作のアドバイス本。

書くことに躓いている方への杖となるような一冊。

失敗例が自分にも身に覚えがありすぎる。

「読書は、音楽に譬えれば、演奏だ」という小沢信男氏の言葉に共感

拍手[0回]

『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』 城平京 講談社タイガ



<アニメ化決定! 岩永琴子役:鬼頭明里 桜川九郎役:宮野真守>
<本格ミステリ大賞受賞作シリーズ!>
<シリーズ累計200万部突破!>

妖怪から相談を受ける『知恵の神』岩永琴子を呼び出したのは、何百年と生きた水神の大蛇。

その悩みは、自身が棲まう沼に他殺死体を捨てた犯人の動機だった。「ヌシの大蛇は聞いていた」

山奥で化け狸が作るうどんを食したため、意図せずアリバイが成立してしまった殺人犯に、嘘の真実を創れ。「幻の自販機」

真実よりも美しい、虚ろな推理を弄ぶ、虚構の推理ここに帰還!

【虚構推理シリーズ】第二弾。

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

本『演じられた白い夜』 近藤史恵 実業之日本社文庫



小劇場界の著名女優・麻子は、夫で演出家の匠に呼ばれ、雪深い山荘へやってきた。

山荘には匠によって、初対面である八人の俳優らが集められていた。

匠の新作は本格推理劇で、演じる側にも犯人がわからないよう稽古は行われていく。

台本が進行するにつれ、麻子を含む女優たちに疑心が兆し、それは恐るべき事件の形を取って表れた。

作中劇の中に隠された真相はー。

つづきはネタバレ注意



拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新CM
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
[07/15 three]
[07/14 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]