忍者ブログ
HOME > 伊坂幸太郎 > 本『オーデュボンの祈り』 伊坂幸太郎 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『オーデュボンの祈り』 伊坂幸太郎 新潮文庫




システムエンジニアだった伊藤は、目の疲れを理由に仕事を辞めた。

それから発作的に馬鹿なことをやらかしてしまう。

コンビニエンスストアで、包丁一つで強盗を試みたのだ。

しかしすぐに後ろから取り押さえられ、やってきた警察官が城山だと知った時には、本当に馬鹿なことをしたと後悔した。

警察官になった城山は、残忍で陰湿だった中学生の頃と全く変わっていなかった。

このままいったら自分は狂った人生をさらに狂わされてしまうと思い、パトカーから逃げ出した。

逃げて逃げて逃げ続けた結果、気づくと伊藤は見知らぬ島にいた。

宮城県の近くの海上にあるというそこは“荻島”という。

江戸時代以来、外界から遮断されている島には、妙な人間ばかり住んでいた。

嘘しか言わない画家、園山。

「島の法律として」殺人を許された男、桜。

そして最も奇妙な存在は――人語を操り「未来が見える」カカシ、優午。

優午は外の世界からやってきた伊藤に様々なことを話して聞かせる。

その中で「この島には何かが足りない」という言葉が伊藤は気になった。

けれど優午はそれ以上話すことはなかった。

カカシの優午は無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて殺されたのだ。

未来を見通せるカカシはなぜ自分の死を阻止できなかったのか。

新潮ミステリ倶楽部賞受賞作、伊坂幸太郎デビュー作!!


続きはネタバレ注意!!

【関連リンク】

本『オーデュボンの祈り』

本『チルドレン』

本『魔王』

本『フィッシュストーリー』

本『重力ピエロ』

本『グラスホッパー』

本『陽気なギャングが地球を回す』

本『陽気なギャングの日常と襲撃』


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン ブログランキング


人語を操り、未来が見えるカカシのいる島が舞台。

しかし未来が見えるはずのカカシが殺された。

犯人だーれだ。

これでミステリ? 

というか、ストーリーもキャラクターも作りが浅すぎて泣けてくる。

ところどころ伏線を張ってるのはわかるけど、それすらもストーリーのせいで陳腐に見えてくる。

伊藤のおばあちゃんの言葉いるの?
 
時折回想のようにおばあちゃんの言葉がやたらと出てくるけど邪魔。

城山もひどかった。

伊藤の元彼女を脅してわざわざ島まで連れてくるって何それ。

アホすぎる。

ハリウッドのアクション映画の悪役よりひどい。

どうして数年ぶりに会った伊藤をそこまで貶めようとするのかわからない。

無駄にだらだらと進んでいくストーリー展開は何度か挫折しそうになった。

島に足りない何かって大したものじゃないと思っていたけど、本当に大したことなくて失笑した。

伊坂幸太郎作品は嫌いじゃないけど、この作品を最初に読んでいたら嫌いになっていたかもしれない。

それくらいおもしろくなかった。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928]  [926]  [925]  [924]  [923]  [922
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[06/10 three]
[06/08 紅玉]
[06/06 three]
[06/05 紅玉]
[06/04 three]
[06/03 moon]
[05/17 three]
[05/16 紅玉]
[04/28 three]
[04/28 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]