忍者ブログ
HOME > 伊坂幸太郎 > 本『魔王』 伊坂幸太郎 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
『魔王』 伊坂幸太郎 講談社文庫



【魔王】

会社員の安藤には不思議な能力があった。

それは、自分が念じたことを相手が口に出すという腹話術のような能力。

その能力に偶然気がついた彼は、独自に考察を開始した。

安藤は考えるとき、「考えろマクガイバー」と念じながら考えることが癖になっている。

潤也にも弟の恋人の詩織にもからかわれるほど考察するのが好きだった。

今安藤が考えていることは、能力以外のこともあった。

それは政治のこと。

彼は最近何かと話題にあがる政治家・犬養舜二のことが不安で仕方なかった。

犬養は若くして野党・未来党の党首となり、今最も国民から支持されている政治家である。

国民の誰もが犬養に興味関心を持ち、誰もが犬養の言葉を信じ、誰もが犬養の思想に同調した。

だが安藤は犬養のことがどうにも信用できなかった。

そして安藤は、腹話術の能力を携えて犬養に近づくことを決意する。

【呼吸】

安藤が亡くなってから五年後。

弟の潤也と恋人の詩織は、結婚して東京から仙台に移住していた。

潤也は環境調査、猛禽類の調査の会社で働き、詩織は派遣社員として会社で働いている。

安藤が死んだのは、犬養の街頭演説の会場前だった。

それからというもの潤也と詩織は、新聞やテレビなどのニュースを見ない生活をするようになった。

だから、憲法改正の国民投票があることも犬養が首相になっていることもずっと知らずに暮らしてきた。

彼らの生活に変化が起こったことは他にもあった。

それは潤也の運がとても良くなってきたことだ。

じゃんけんをすれば必ず勝ち、くじを引いたら賞品が当たり、満員電車では偶然席が空くなどするようになった。

これも全て兄が死んでからのことで、死ぬ前はそんなことなかった。

そして潤也はその能力を活かして――。

【関連リンク】

本『オーデュボンの祈り』

本『チルドレン』

本『魔王』

本『フィッシュストーリー』

本『重力ピエロ』

本『グラスホッパー』

本『陽気なギャングが地球を回す』

本『陽気なギャングの日常と襲撃』


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン ブログランキング

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[280]  [872]  [869]  [717]  [192]  [868]  [866]  [594]  [865]  [863]  [862
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[11/15 本が好き!運営担当]
[11/02 three]
[11/01 紅玉]
[10/20 three]
[10/20 紅玉]
[10/19 three]
[10/19 moon]
[10/10 three]
[10/10 紅玉]
[09/07 three]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]