忍者ブログ
HOME > 昔話『シュランズ・ゲート』 > 昔話『シュランズ・ゲート』4 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
前回のあらすじ

コレハベツノセカイセンノモノガタリ?

まあ、そんなことあるわけがありませんけどね。

別の世界線の出来事ではなくて、ただちょっと昔に似たような出来事があったというだけです。

女「お話しようよ」

私「はぁ……別にいいですけど……」

私達は暗い住宅街の道路脇に座ってお話を始めました。

といっても、話をしているのは会社員風の男女ばかりです。

酔っぱらっているせいで大きな声で仕事の愚痴っぽいことを話しています。

男「ってか聞いてよーもー」

私「なんですか」

男「うちの上司がもうさー最悪なんだよー」

私「はぁ……大変ですね」

女「もー、ちゃんと聞いてる?」

私「聞いてます」

現実で「もー」とか言う人を初めて見た気がします。








女「課長のバカヤロー!!」

男「くたばれー!!」

私「……」









適当に相槌をうちながら話を聞いていたら、いつしか二人は上司である課長への暴言を叫び出しました。

うるさいなー、近所迷惑にならないかなーと思いながらも止めることもしませんでした。

そろそろジュースを買いに行こうかなと思って立ち上がりました。

私「じゃあさようならー」

そう言った瞬間、男が急に私の手をつかんできました。

男「行かないでよ!」

私「……」

女「もうちょっといようよー」

私「……」

面倒なことになりました。

もう面倒だから一人一発ずつ殴って逃げましょうか。

そう思って行動を起こそうとした時、声をかけられました。










「何やってんの君たち!?」









今度はなんでしょう。

機関の差し金でしょうか。

1

2

3

4

5

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

拍手[4回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[831]  [830]  [829]  [828]  [827]  [826]  [824]  [822]  [821]  [820]  [819
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[06/10 three]
[06/08 紅玉]
[06/06 three]
[06/05 紅玉]
[06/04 three]
[06/03 moon]
[05/17 three]
[05/16 紅玉]
[04/28 three]
[04/28 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]