忍者ブログ
HOME > > [PR] > 漫記 > 漫画『恋愛怪談サヨコさん 1』 関﨑俊三 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

漫画『恋愛怪談サヨコさん 1』 関﨑俊三(かんざきしゅんみ) 白泉社

サヨコさん、出逢う



交差点――そこは何かが起こる場所。

交差点で子どもを待ち伏せてはさらう都市伝説「四つ角ばあさんの怪」

恋愛風に語るなら、物語の登場人物たちの運命的な出会い(がしらの衝突事故)

貧乏大学生・稲葉くんは、アルバイト先に向かって自転車に乗って急いでいた。

しかし、その途中の交差点で和服を着た美しい女性とぶつかってしまう。

血だらけになって倒れた子を助け起こすと、彼女はすぐさま離れて開口一番こう言った。

「だっ大丈夫ですか!?」

自分のことより他人のことを心配する変わった女の子だった。

彼女は血だらけのままどこかに去ってしまい、稲葉くんは悩みながらもアルバイト先に向かうことにした。

だが一難去ってまた一難。

彼が勤めていたラーメン屋は潰れ、店主は夜逃げしてしまったようなのだ。

以前から「呪いの店舗」として有名で、今までここに建てた店舗は必ず潰れているらしい。

意気消沈している彼のもとに再び和服を着た美女が現れる。

その子の名前はカシマサヨコ。

「呪いの店舗」を探してやってきたという不思議な女の子。

実は彼女、普通の人には見えないものが見えるのです。

そのうえサヨコさんには……憑いているんです。


カシマサヨコ――不思議すぎて優しすぎる和風少女。

土地に縛られた霊まで助けてしまう彼女に憑いている霊の数800体!!

その霊たちのせいでサヨコさんの周りのいる人には悪い影響・霊障にやられてしまう。

そのせいでまともな生活を送ることはできない。

稲葉くん――貧乏大学生。

サヨコさんの周りにいてもなぜか霊障を受けない男。

生身の人間に初めて優しくされて一目惚れしたサヨコさん。

霊を操って彼の部屋を覗いたり、幽体離脱(自動車に轢かれて臨死体験)して彼の部屋に入ったり初恋を成就させるためにがんばっちゃう…………え!?

【関連リンク】

本『恋愛怪談サヨコさん 1』

本『恋愛怪談サヨコさん 2』

本『恋愛怪談サヨコさん 3』

本『恋愛怪談サヨコさん 4』

本『恋愛怪談サヨコさん 5』

本『ああ探偵事務所』


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン Twitterボタン
>

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン Twitterボタン
>

拍手[2回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[214]  [196]  [984]  [983]  [982]  [981]  [218]  [265]  [980]  [222]  [180
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]