忍者ブログ
HOME > 昔話『なべ☆すた』 > 昔話『なべ☆すた』 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
題名のことは気にしないでください。

先輩と一緒に鍋パーティーをやりました。

季節なんて関係ありません。

そこに鍋があったから鍋パーティをしたのです。

こまけぇことは気にすんな(´∀`)b

夕方。

その日の夕飯に悩んでいた私は、とりあえず冷蔵庫を開けました。

私(野菜と酒と卵しか入ってないな……)

どうしようかと悩んでいるとキッチンのほうから声が聞こえてきました。

キッチンに行くと先輩方が勢ぞろいしています。

私「こんばんはー(´∀`)」

先「オース」

皆さん野菜を切ったり肉を切ったりしています。

私「これから何を作るんですか?」

先「鍋パーティーするんだよ」

私「あー、そういえばやるって言ってましたね」

先輩方は切り終えた食材たちを鍋に入れてお湯を入れて火にかけました。

私は夕飯を作ることを忘れてその光景を見ていました。

先「おい、この鍋じゃ小さすぎて入らないだろ」

先「どうするよ、何回かに分けるか?」

私「鍋貸しましょうか?」

先「!!」

私「これから夕飯作ろうと思ってたんですけど、フライパンがあれば十分なんで」

先「three」

私「はい」

先「お前も参加しろ」

私「いいんですか?」

先「酒はやれないけど、鍋は食っていいぞ」

先「こんだけの量、俺たちだけじゃ食えないからな」

私「ありがとうございまーす♪」












計算通り……(・ー・)

つづく
読んでくださってありがとうございます<(_ _)>


  

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[701]  [696]  [478]  [477]  [476]  [475]  [673]  [160]  [672]  [671]  [669
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
フーゾク店で彼氏はできるか?
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[06/10 three]
[06/08 紅玉]
[06/06 three]
[06/05 紅玉]
[06/04 three]
[06/03 moon]
[05/17 three]
[05/16 紅玉]
[04/28 three]
[04/28 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]