忍者ブログ
HOME > 映記 > 映画「キャットウーマン」 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
映画 「キャットウーマン」



ピトフ監督 

出演:ハル・ベリー ベンジャミン・ブラット シャロン・ストーン
 
   ランバート・ウィルソン フランセス・コンロイ 他

ペイシェンス(ハル・ベリー)が勤めるヘデア・ビューティー社は巨大な化粧品会社。

独裁的なジョージ・ヘデア(ランバート・ウィルソン)とスーパーモデルの彼の妻ローレル(シャロン・ストーン)が経営している。

ヘデア・ビューティー社が革命的な老化防止商品の発表を控えていたある日、ペイシェンスは会社の恐るべき秘密を知ってしまい、殺される。

しかし、生死の境で神秘的な猫に新たな命を吹き込まれ、超人的に鋭い感覚を持つキャットウーマンに生まれ変わる。

猫の強さ、スピード、敏捷さ、そして超人的に鋭い感覚を持つ女として——。

彼女は一部の記憶が薄れていて、自分が死んだ理由を知ろうとヘデア・ビューティー社に忍び込む。

そこで彼女は自分の死の真相と共に会社の秘密も知ってしまう。

老化防止商品の販売を阻止するため、彼女は悪に立ち向かう!!

読んでくださってありがとうございます<(_ _)>
人気ブログランキング

最後は、キャットウーマンとローレルが闘います。

ただの人間が勝てるわけないと思うかもしれませんが、ローレルはただの人間ではありません。

彼女は。老化防止の化粧品を使うことでどんな打撃も効かない強力な肌を持っているのです!

わあ、すごい(・∀・)

そして闘いの末、キャットウーマンは勝ちます。

その後、普通の人間に戻り、警察官の彼と一緒になってハッピーエンド……とはなりませんでした。

彼女は、悪を倒す正義の味方キャットウーマンとして生きていくことを決めたのです。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[257]  [255]  [254]  [251]  [250]  [216]  [234]  [233]  [232]  [228]  [230
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[11/15 本が好き!運営担当]
[11/02 three]
[11/01 紅玉]
[10/20 three]
[10/20 紅玉]
[10/19 three]
[10/19 moon]
[10/10 three]
[10/10 紅玉]
[09/07 three]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]