忍者ブログ
HOME > 有川浩 > 本『塩の街』 有川浩 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『塩の街』 有川浩 角川文庫



塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。

塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。

その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。

世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。

だが――。

「世界とか、救ってみたくない?」

ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。

『空の中』『海の底』と並ぶ自衛隊3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作!

番外編も完全収録。

つづきはネタバレ注意






なるほど……。

なるほど……。

デビュー作からこういう作風だったのかー。

でも、ライトノベルデビューで一般文芸に移る素養があったことはわかる文章力だった。

ただ……なんだろう。

あの人が現れて自衛隊に行ってから話が急転したというかなんというか……。

自衛隊三部作というくらいだから自衛隊が関わってくることはわかっていたんだけど……。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1532]  [1531]  [1530]  [1529]  [1528]  [1527]  [1526]  [1525]  [1524]  [1523]  [1522
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新CM
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
[07/15 three]
[07/14 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]