忍者ブログ
HOME > その他:あ行の作家さん > 本『崩れゆく絆』 アチェベ RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『崩れゆく絆』 アチェベ 訳:粟飯原文子 光文社古典新訳文庫



古くからの呪術や慣習が根づく大地で、黙々と畑を耕し、獰猛に戦い、一代で名声と財産を築いた男オコンクウォ。

しかし彼の誇りと、村の人々の生活を蝕み始めたのは、凶作でも戦争でもなく、新しい宗教の形で忍び寄る欧州の植民地支配だった。

「アフリカ文学の父」の最高傑作。



古くからの呪術や慣習が根づく大地で、畑を耕し獰猛に戦い、一代で名声と財産を気づいた主人公の人生はある事件を境に少しずつ崩れてゆく。

アフリカの伝統的な文化や社会について、その土地の人々の新しい宗教や欧州の植民地支配への捉え方を知ることができる。

フィクションなので正確ではないらしいけど、アフリカの伝統文化や社会について知ることができた。

主人公は時代の変化に流されてしまったのか。

いや、流れに乗れなかったのか。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1511]  [1510]  [1509]  [1508]  [1507]  [1506]  [1505]  [1504]  [1503]  [1502]  [1501
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新CM
[05/25 three]
[05/24 紅玉]
[04/12 three]
[04/12 紅玉]
[03/08 three]
[03/08 紅玉]
[02/15 three]
[02/15 紅玉]
[01/22 three]
[01/22 three]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]