忍者ブログ
HOME > その他:ま行の作家さん > 本『小さな魔女と空飛ぶ狐』 南井大介 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『小さな魔女と空飛ぶ狐』 南井大介 電撃文庫



レヴェトリア空軍のエースパイロット・クラウゼ。

ある日突然、“内戦解決の切り札”とされる重要人物の補佐を命じられる。

待っていたのは、わずか16歳の少女アンナリーサ。

彼女は名門ラムシュタイン家のお嬢様で、国の最高学府を11歳で卒業した天才なのだという。

「戦争なんてすぐに終わらせてあげるわ」

ワガママ放題の“小さな魔女”が巻き起こす。

様々なトラブルを前にクラウゼは、無事に彼女の騎士を務め上げることができるのか?

そしてアンナリーサは、本当に戦争を終結させられるのか――?

“ワガママ魔女”と“ヤサグレ狐”が織り成す、現代の御伽噺。

つづきはネタバレ注意






「魔女の異名を持つ天才科学者の少女と狐と恐れられる空軍の青年」

「悲しきマッドサイエンティストの老人と狐に復讐を誓う女性」

二つの視点から『兵器開発』と『空戦』を題材に戦争を描いたファンタジー。

戦争と化学は切っても切り離せない。

発送、視点、題材はおもしろいと思う。

しかし、専門用語や固有名詞が多すぎてなかなか物語に入りづらかった。

兵器開発について掘り下げて物語を進んで行くのかと思えば最初の「レールガン」開発はしっかり書いてあるが、それ以降はコメディチックであっさりとした展開になってしまっている。

キャラについてもストーリーについてもあまり掘り下げられないまま物語終盤で両国でテロが起こる。

そこでようやく物語が盛り上がりを見せるが、さすがに遅すぎるのではないか。

そして作者が最も書きたかっただろうと戦闘機による空戦で物語は締めくくられる。

プロに対して言ってはいけないことだけど、題材はおもしろいのに書き方が残念。

世界や国の設定をダラダラと説明するのではなくエピソードやキャラの動きで見せてほしかった。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1512]  [1511]  [1510]  [1509]  [1508]  [1507]  [1506]  [1505]  [1504]  [1503]  [1502
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新CM
[05/25 three]
[05/24 紅玉]
[04/12 three]
[04/12 紅玉]
[03/08 three]
[03/08 紅玉]
[02/15 three]
[02/15 紅玉]
[01/22 three]
[01/22 three]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]