忍者ブログ
HOME > > [PR] > その他:あ行の作家さん > 本『大江戸死体考 人斬り浅衛門の時代』 氏家幹人 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『大江戸死体考 人斬り浅衛門の時代』 氏家幹人 平凡社



花のお江戸には死体がゴロゴロ!?

水辺には土座江門、道端には行き倒れ、“検死マニュアル”もすでにあった江戸時代。

そして、死体を使った刀剣試し斬りを家業にし、“生きギモ”で富を築いた、浪人・山田浅衛門――。

コワくて不思議な世界がそこに見えてくる。

史料はホラー小説よりも恐ろしい!

知られざる江戸のアンダーワールドへご招待。

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン


水死体は棒でつついて川下に流す。

非人がいたら刀の試し斬りに使われる。

罪人の死体を使って将軍の刀の試し斬りを担う家。

それが一般常識だったというのは驚きました。

しかもそれが史料に残っているなんて思いもしませんでした。

華やかで平穏な江戸を連想させる著作は多いですが、少し視点を変えてみると暗くて恐ろしい江戸も見えてきます。

“普通じゃない江戸”を知りたい方はどうぞ。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1235]  [1234]  [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]