忍者ブログ
HOME > 映記 > 映画「舞妓Haaaan!!!」 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2018.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2018.07
映画 「舞妓Haaaan!!!」




監督:水田伸生

脚本:宮藤官九郎

出演:阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 京野ことみ

   小出早織 伊東四朗 植木等 生瀬勝久 

   真矢みき 山田孝之 酒井若菜 他

主題歌:「お・ま・えローテンションガール」(グループ魂に柴咲コウが)


主人公・鬼塚公彦(阿部サダヲ)は東京の鈴屋食品という会社に勤めている平凡なサラリーマン。

ただ公彦は仕事よりも舞妓が大好きで、今日も仕事そっちのけで彼が運営する個人HPで舞妓写真を載せて喜んでいた。

彼がここまで熱狂的な舞妓ファンになったのには理由があった。

修学旅行で京都を訪れた際、迷子になっていたところを綺麗な舞妓が助けてくれてからである。

それ以来、いつかお座敷に上がり、舞妓と野球拳をしたいと思うようになった。

東京にいる限り京都で舞妓遊びに行くことは不可能……が、そんな彼に転機が訪れる。

念願の京都支社に転勤が決まったのだ。

京都支社は、カップラーメンのかやくだけを作っているから別名「かやく工場」とも呼ばれている。

彼は荷物をまとめ遠距離恋愛を望む恋人・富士子(柴咲コウ)を残して一人で京都に——。

早速、銀行からお金をおろして身なりを整えてお茶屋に出向く。

しかし、公彦は肝心なことを忘れていた。

「一見さんお断り」のことである。

それは「馴染みのお客さんに、気持ち良く過ごしてもらう為」につくられた画期的なシステムである。

そのため初めての客はどんなに大金を持っていても入れてもらえないのだ。

落胆する公彦はふと自分が撮った舞妓写真の中にどこかで見た顔の男がいることに気づく。

それは鈴屋食品の会社社長であり、お茶屋常連の鈴木(伊東四朗)だった。

公彦は社長に認められ、お茶屋に連れて行ってもらうために、死に物狂いで仕事する。

その頃、公彦の元彼女の富士子も京都にやってきた——舞妓になるために。

公彦は京都発のカップラーメンをつくり、輝かしい功績をあげて、やっとの思いでお茶屋デビュー!

だが、そこでお茶屋常連で野球選手の内藤(堤真一)と出会う。

公彦は、彼の無礼な態度に怒りを覚えた。

さらに公彦が運営するサイトで掲示板荒らしをしていたのが内藤と分かった瞬間、異常な競争心を燃やす。

こうして、二人の笑えるような争いは始まった。

よろしくお願いします<(_ _)>
人気ブログランキング

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[118]  [116]  [112]  [111]  [109]  [108]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[05/29 three]
[05/28 紅玉]
[05/28 three]
[05/27 u-mi]
[05/10 three]
[05/07 紅玉]
[03/23 three]
[03/19 紅玉]
[02/17 three]
[02/17 three]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]