忍者ブログ
HOME > その他:ま行の作家さん > 本『万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ』 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ』 松岡圭祐 角川書店



東京23区中のガードレールを侵食していく不気味な和風のシール、通称“力士シール”。

誰が、何のために貼ったのか?

若き週刊雑誌記者・小笠原悠斗は、謎を追い続け、解明するために鑑定家を探していた。

そんな時見つけたのが『万能鑑定士Q』という一際目を引く肩書。

その事務所に行ってみると、猫のように鋭く魅惑的な瞳を持つ若い美女と出会う。

凜田莉子、23歳――。

瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る彼女こそが「万能鑑定士」だった。

莉子と付き合っていくうちに、小笠原は彼女により一層惹かれていく。

高校時代の成績はほぼオール1、信じられないほどの天然キャラで劣等生だった莉子。

彼女はいつ、どこで、そのような技術や知識を身に付けたのか。

面白くて知恵がつく。人の死なないミステリ。

万能鑑定士Qシリーズ第一弾!

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン Twitterボタン





キャッチフレーズ通りの『面白くて知恵がつく。人の死なないミステリ』

文章は読みやすいです。

知恵も……つくかもしれません。

しかし、登場人物やストーリーの造形や描写が浅いせいか、あまり惹きこまれませんでした。

今作品のヒロインであり探偵役である凜田莉子の能力は確かにすごいです。

けれど、ヒロインの万能設定が悪目立ちし過ぎです。

設定ばかりが目立っていて肝心のストーリーがパッとしないのです。

持ち込まれた絵画が贋作だと見破ったのも、遠く離れた北海道の事故現場の場所を見抜いたのも、すごいんですけどね……。

でも、それって彼女の洞察力や観察眼ではなく、結局は知識頼りですよね。

その絵画が描かれた時代背景とか道路交通法だとか……。

そんな専門的知識を読者が知っているわけがないでしょう。

物語の流れをぶった切って、いきなり雑学や専門知識をひけらかされた気分です。

この作品は読者に推理させる気があるのでしょうか?

読者を置いてきぼりにしている感じが否めませんでした。

うーん、二巻に期待ですかね(´~`)

拍手[3回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[993]  [992]  [991]  [990]  [989]  [788]  [756]  [957]  [152]  [150]  [987
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[11/15 本が好き!運営担当]
[11/02 three]
[11/01 紅玉]
[10/20 three]
[10/20 紅玉]
[10/19 three]
[10/19 moon]
[10/10 three]
[10/10 紅玉]
[09/07 three]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]