忍者ブログ
HOME > 桜庭一樹 > 本『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lolipop or A Bullet』 桜庭一樹 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lolipop or A Bullet』 桜庭一樹 角川文庫

その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。

見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。



中学二年の秋頃、転校生の海野藻屑があたし(山田なぎさ)のクラスに乱入してきた。

通路を挟んだ隣の席の男子生徒、花名島がボソッと教えてくれた。

彼女の父親は海野雅愛だと。

海野雅愛はちょっと昔の有名人で、この町の人間なら誰もが知っている曲を歌っていた。

その曲は二番まではとても綺麗だが、三番は、まるで快楽バラバラ殺人だ。

海野藻屑は「へんなやつ」だった。

小刻みに震えているし、二リットルボトルのミネラルウォーターをいつも持っているし、自分は人魚だと言いはるのだから。

自己紹介を終えて席につこうとする時、彼女は派手に転んだ。

立ち上がった後、海野藻屑はあたしを見て「死んじゃえ」といった。

あたしは顔をしかめてそっぽを向いた。

一番興味を示していなかったあたしが、なぜ毒づかれなければいけないんだ。


あたし、中学生の山田なぎさは実弾を求めていた。

一刻も早く社会に出て、お金という“実弾”を手に入れようとしていた。

1LDKのボロボロの公団住宅に母と兄とあたしの三人で暮らしている。

母一人の稼ぎと、ほんの少しの生活保護で生活していた。

兄は中学に行かなくなって、高校受験もしないで、家から一歩も出なくなった。

そのため生活はとてもキツイ。

何も買えない。

だからあたしは実弾を求めている。

中学を卒業したら自衛隊に入って、兵士になるつもりだ。

実弾以外のことには興味がない。

そのため、海野藻屑という少女にも無関心だった。

それなのに、海野藻屑はなにかとあたしに絡んでくる。

嘘つきで残酷だが、魅力的な容姿の彼女とあたしは徐々に親密な関係になっていく。

だが藻屑は、いつも痛そうに足をひきずっていて、その足は父親の虐待によるもので……。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン ブログランキング

拍手[2回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[890]  [889]  [887]  [888]  [885]  [712]  [884]  [725]  [141]  [881]  [880
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[11/15 本が好き!運営担当]
[11/02 three]
[11/01 紅玉]
[10/20 three]
[10/20 紅玉]
[10/19 three]
[10/19 moon]
[10/10 three]
[10/10 紅玉]
[09/07 three]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]