忍者ブログ
HOME > > [PR] > 漫記 > 漫画『黒鷺死体宅配便』 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

漫画『黒鷺死体宅配便』

原作:大塚英志 漫画:山崎峰水 角川書店



某仏教大学四年の唐津九郎は、まともな就職口がなくて困っていた。

そこに、佐々木碧という女性が現れ、一緒に死体探しをしないかと誘われる。

話を聞くと、彼女が入っているボランティア団体の活動の一環として、富士樹海で見つかった死体を供養するらしい。

嫌々ながらもすることがなかった彼は、ボランティアに参加することにした。

二人の他にも同じ大学のボランティアメンバーが参加していた。

そして死体は、不思議な形で見つかった。

さっきまでなかったのに、いつの間にか唐津の後ろに首吊り死体が転がっていたのだ。

彼は、不思議に思いながらもこの死体が誰なのか、自分の特殊能力で死体の身元を割り出した。

唐津の能力は、死体と会話ができるイタコ体質。

そして他のメンバーにも変わった能力があった。

沼田の能力は、ダウジングによって死体を見つけ出すこと。

槙野の能力は、海外留学で習得したエンバーミング(死体修復)。

谷田の能力は、人形を通じて宇宙人と交信するチャネリング。

そして佐々木の能力は、豊富な知識と的確な情報収集能力。

彼らは、依頼人の死体から頼まれた場所まで死んだ人間を宅配することに――。

黒鷺死体宅配便(1)カドカワCエース

読んでくださってありがとうございます<(_ _)>

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[566]  [565]  [564]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [554]  [298]  [540
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]