忍者ブログ
HOME > その他:や・ら・わ行の作家さん > 本『夏へのトンネル、さよならの出口』 八目迷 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『夏へのトンネル、さよならの出口』 八目迷  ガガガ文庫



時空を超えるトンネルに挑む少年と少女の夏

「ウラシマトンネルって、知ってる? そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入るの」

「なんでも?」

「なんでも。でもね、ウラシマトンネルはただでは帰してくれなくてーー」

海に面する田舎町・香崎。

夏の日のある朝、高二の塔野カオルは、『ウラシマトンネル』という都市伝説を耳にした。

それは、中に入れば年を取る代わりに欲しいものがなんでも手に入るというお伽噺のようなトンネルだった。

その日の夜、カオルは偶然にも『ウラシマトンネル』らしきトンネルを発見する。

最愛の妹・カレンを五年前に事故で亡くした彼は、トンネルを前に、あることを思いつく。

ーー『ウラシマトンネル』に入れば、カレンを取り戻せるかもしれない。

放課後に一人でトンネルの検証を開始したカオルだったが、そんな彼の後をこっそりとつける人物がいた。

転校生の花城あんず。

クラスでは浮いた存在になっている彼女は、カオルに興味を持つ。

二人は互いの欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶのだが……。

優しさと切なさに満ちたひと夏の青春を繊細な筆致で描き、第13回小学館ライトノベル大賞のガガガ賞と審査員特別賞のW受賞を果たした話題作。

つづきはネタバレ注意






入れば欲しいものが手に入る。

そのかわり年を取るという都市伝説・ウラシマトンネル。

過去に妹を亡くした主人公はトンネルの調査を開始するが、ひょんなことから転校生のヒロインと協力関係になる。

ゆるめのSFだと思う。

序盤はそれなりにおもしろそうだと思ったけれど、途中からウラシマトンネルにあんまり関わりなくて現実の方でいろいろやり始めたので「トンネルいらなくない?」と元も子もないことを思った。

トンネルの中に1日いただけで6年くらい経ってしまうから頻繁に行けないのも仕方ないのかな。

過去に妹を亡くしたことがきっかけで母親は蒸発して父親はアル中になってしまい、死んだ妹を取り戻すことでやり直そうとする話は良くも悪くも王道なので結末やテーマ、伝えたいことは大体想像がつく。

結末も想像通りだった。

いい話で感動的だなとは思うんだけど、道徳の教科書のようであまり好きになれない。

あくまで個人の好みです。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1622]  [1618]  [1619]  [1621]  [1617]  [1616]  [1615]  [1614]  [1613]  [1612]  [1611
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]