忍者ブログ
HOME > その他:ま行の作家さん > 本『ふしぎ荘で夕食を ~幽霊、ときどき、カレーライス~』 村谷由香里 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『ふしぎ荘で夕食を ~幽霊、ときどき、カレーライス~』 村谷由香里 メディアワークス文庫



『最後に食べるものが、あなたの作るカレーでうれしい』

家賃四万五千円、一部屋四畳半で夕食付き。

平凡な大学二年生の俺・七瀬浩太が暮らす深山荘は、オンボロな外観で心霊スポットとして有名。

暗闇に浮かぶ人影や怪しい視線、謎の紙人形……。

次々と不思議な現象が起こるけれど、愉快な住人たちは全く気にしない。

だって彼らは、悲しい過去を持つ幽霊ですら、温かく食卓に迎え入れてしまうのだから。

これは、俺たちが一生忘れない“最後の夕食”の物語だ。

第25回メディアワークス文庫賞受賞。

つづきはネタバレ注意






文章が読みやすい。

それ以上の感想が全く出てこない。

久しぶりになにも残らないお話だった。

優しいお話ではある。

ただ、なにも残らない。

物語には「必ずメッセージが必要」とか「教訓が必要」とかそういうことを言いたいわけではない。

そういったものがなくても、この世の中にはおもしろい物語はいくらでもある。

ただ、この作品はストーリーもキャラクターもかなり薄い。

三章構成で短編2本と中篇1本の連作短編形式で書かれている。

短編ならしっかりオチがついていてほしいものの、かなり弱い。

「不思議なことが起こった!原因や犯人?そんなことよりおいしいごはんを食べよう!よかったね!」みたいな終わり。

正直、どのエピソードもオチが弱すぎてポカーンとしてしまう。

あ、お料理ものというだけあって調理シーンや料理の描写はたくさんページが割かれていて美味しそうだとは思いました。

しかしなにも残らないのです……。

次回作に期待。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1591]  [1590]  [1589]  [1588]  [1587]  [1586]  [1585]  [1584]  [1583]  [1582]  [1581
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]