忍者ブログ
HOME > その他:さ行の作家さん > 本『キネマ探偵カレイドミステリー』 斜線堂有紀 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『キネマ探偵カレイドミステリー』 斜線堂有紀 メディアワークス文庫



「休学中の秀才・嗄井戸高久を大学に連れ戻せ」

留年の危機に瀕するダメ学生・奈緒崎は、教授から救済措置として提示された難題に挑んでいた。

しかし、カフェと劇場と居酒屋の聖地・下北沢。

その地にある自宅にひきこもり、映画鑑賞に没頭する嗄井戸高久の前に為すすべもなく……。

そんななか起こった映画館『パラダイス座』をめぐる火事騒動と完璧なアリバイを持つ容疑者。

ところが、嗄井戸は家から一歩たりとも出ることなく、圧倒的な映画知識でそれを崩してみせる。

第23回電撃大賞メディアワークス文庫賞

つづきはネタバレ注意





休学中の秀才を連れ戻すよう指示されたダメ大学生の主人公。

訪れた先には映画好きの引きこもり・嗄井戸がいた。

そんな中起こった映画館の火事騒動を嗄井戸は家にいながら映画知識でそれを解決してしまう。

苦手なメディアワークス文庫だけど、これは読めた。

少し雑だなぁと思う部分はいくつかあったものの、映画の知識を絡めた事件やそれに基づいた解決はなかなか。

引きこもりの安楽椅子探偵だと坂木司さんの作品、引きこもり探偵シリーズを思い出す。

この作品のホームズとワトソンのコンビもBL臭さが感じられたので余計にそう思ってしまったのかもしれない。

火事騒動、日常の謎、オカルトっぽいやつ、猟奇連続殺人の四編からなる連作短編ミステリ。

序盤の謎が最後でつながるものではなく登場人物を同じにしただけで各エピソードは独立しているのでその都度モブキャラが増える。

しかし、途中から出てきたのに主要人物のように振る舞うデリバリー現役女子高生の存在意義が全くわからなかった。

あと探偵役のとてつもなく重くてエグイ過去は引きこもりの理由にもなっているんだけど、終盤まで全く情報が出てこないので唐突に感じられる。

日常ミステリではないので気をつけてほしい。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1590]  [1589]  [1588]  [1587]  [1586]  [1585]  [1584]  [1583]  [1582]  [1581]  [1580
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]