忍者ブログ
HOME > その他:た行の作家さん > 本『ピンポンラバー』 谷山走太 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『ピンポンラバー』 谷山走太 ガガガ文庫



卓球エリートが集う学園で頂点を目指す!

かつて天才卓球少年と呼ばれた飛鳥翔星は、怪我のため卓球界から姿を消した。

それから数年後、私立卓越学園の入学式に彼の姿があった。

そこは日本全国から集まった卓球エリートたちがひしめく最高峰の学園。

翔星がこの学園に進学した目的は小学生時代に唯一敗北を喫した名も知らぬ少女を見つけ出し、そして勝利することにあった。

だが、入学初日にして彼は本物のエリートによる厳しい洗礼を受けることになる。

一年生最強の女子・白鳳院瑠璃に、怪我をしていた膝の弱点を見抜かれ、あっけなく敗北してしまう。

敗北しうなだれる翔星に、瑠璃は「あなた、私のパートナーになりなさい」と告げる。

彼女の目的は才能のある彼とダブルスを組み、これまで一度も勝てたことのない相手、姉の紅亜を負かすことにあった。

そして、その紅亜こそが、翔星が捜し求めていた、あの日の少女だったのだ。

学園最強女子・紅亜という共通の敵を倒すため、翔星と瑠璃は共闘関係を結ぶことになるのだが……。

その身を焦がすほどに卓球を愛し、すべてを捧げた少年の燃えるような青春。

第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

つづきはネタバレ注意






少年漫画でありそうな設定や世界観のライトノベルだった。

少年漫画のようだと思ったのは登場人物に二つ名やそれぞれに必殺技があり、卓球知らない人にも良い演出かと。

黒子のバスケなんかもバスケ経験者の人には「リアリティがない」と不評なところもあったらしい。

けれど、なんだかんだで人気だったのは現実ではありえない大技を技名付きで演出したら男の子の心はドッカンドッカンくるから。

いいじゃない。少年漫画だもの。

私は卓球経験者なのである程度の知識を持った状態で本作を読んだ。

感想としては舞台設定を活かしきれていないということと卓球の試合の描写がわかりづらいと感じた。

経験者でこれだと知らない人には伝わっているのかな。

あと試合中にやたら私語が多いなぁと思った。

本来なら卓球の試合中、ラリー中に話す余裕なんてない。

でも、フィクションだし仕方ないかな。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1530]  [1529]  [1528]  [1527]  [1526]  [1525]  [1524]  [1523]  [1522]  [1521]  [1520
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]