忍者ブログ
HOME > その他:た行の作家さん > 本『凍りのくじら』 辻村深月 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
『凍りのくじら』 辻村深月 講談社文庫



藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。

高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。

戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。

そして同じ頃に始まった不思議な警告。

皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき―。



藤子・F・不二雄先生を尊敬する主人公は居場所がなくて「少し・不在」な日常を送っている。

ある日、写真のモデルを頼まれたことをきっかけに良くも悪くも少しずつ日常が変化していく。

全編にわたってドラえもんに関する話やひみつ道具が登場して物語を大いに盛り上げてくれる。

そして最後には「すこし・ふしぎ」な物語として締めくくる展開がよかった。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1508]  [1507]  [1506]  [1505]  [1504]  [1503]  [1502]  [1501]  [1500]  [1499]  [1498
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新CM
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
[07/15 three]
[07/14 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]