忍者ブログ
HOME > 絵本・童話・児童書 > 本『オバケたんてい』 藤江じゅん・作 吉田尚令・絵 あかね書房 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2020.08
『オバケたんてい』 藤江じゅん・作 吉田尚令・絵 あかね書房



ぱらぱら・ぽんは、としょかんにすんでいるオバケです。

ぱらぱら・ぽんは、だれかが本をよんでいると、すぅっとすがたをけして、ちかよってきます。

そして本のページをパラパラめくって、さいごにポンっととじてしまうのです。

ぐるぐる・ぼんは、とけいとうにすんでいるオバケです。

ぐるぐる・ぼんは、とけいとうのまえをだれかがとおると、とけいのはりをグルグルっとまわします。

さいごにボンボンボーンとかねをならします。

ふたりはともだちでにんげんをおどろかすのが大好きです。

みんながぐっすりねむっているよるこのことです。

男の子がへやでためいきをついています。

ぱらぱら・ぽんとぐるぐる・ぼんは、すがたをけしてそのこの家にいくと、男の子をおどろかそうといろいろします。

しかし、なにをやってもおどろかない男の子をみて、はなしをきくことにしました。

男の子のなまえはダイ。

ダイはついさいきん、この町にひっこしてきたばかりの子です。

ここさいきん、お父さんのくつしたがなくなったり、ままごとのどうぐがなくなったり、いろいろなものがなくなっていたのです。

そのたびにダイがやったのだとみんなからはんにんあつかいされてしまいました。

そしてこんどは妹のたんじょうびケーキのいちごがなくなってしまったのです。

このままではまたダイがやったとおもわれてしまいます。

ぱらぱら・ぽんとぐるぐる・ぼんは、ダイにきょうりょくしていちごをさがします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitter

拍手[2回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1353]  [1352]  [1350]  [1349]  [1348]  [1346]  [1345]  [1344]  [1343]  [1341]  [1340
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(06/16)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]