忍者ブログ
HOME > 映記 > 映画「太陽がいっぱい」 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2018.03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2018.05
映画 「太陽がいっぱい」




監督:ルネ・クレマン

原作:パトリシア・ハイスミス

出演:アラン・ドロン モーリス・ロネ マリー・ラフォレ

   エルヴィール・ポペスコ エノレ・クリザ フランク・ラティモア


トム・リプレイ(アラン・ドロン)は、フィリップ(モーリス・ロネ)とナポリに遊びに来ていた。

トムは貧乏なアメリカ青年で、中学時代の友人であるフィリップは金持のドラ息子。

トムは、フィリップの父親に頼まれて連れ戻しにきたのだ。

成功報酬は五千ドル。

トムはフィリップを連れ戻すために躍起になるが、フィリップにとってトムは邪魔者だった。

友人のパーティーに向かうためヨットで行くことになったが、トムはますます彼から疎ましく思われた。

フィリップにはマルジェ(マリー・ラフォレ)という美しい婚約者がいて、彼女も乗っていたからだ。

航海途中、トムは裸でヨットにロープで繋がったボートに乗せられてしまう。

ヨットに引っ張られてボートは進むが、ロープがほどけてトムが乗ったボートは海の真ん中を漂うことになる。

それを知らないフィリップはそのままヨットを走らせる。

フィリップがようやく気がつき、トムのもとに戻ってきたときには全身が火傷のように日焼けしていた。

日焼けが治ったトムは彼を殺すことを決意する——。

始めに小細工をして、マルジュとフィリップに大喧嘩をさせて彼女を船から下りさせる。

ヨットに乗っているのが二人だけになった後、フィリップを刺し殺した。

死体は大きな袋に入れロープで縛り、海へ捨てた。

陸へ戻ってくると、彼はフィリップになりすました。

そのために身分証明書を偽造し、彼のサインの書き方を覚えて、声真似も習得した。

こうして、トムのフィリップとしての生活が始まった。

よろしくお願いします<(_ _)>
人気ブログランキング


この映画を観るきっかけになった金城一紀の本『映画篇』

トム・リプレイは捕まっちゃいけない。

本『映画篇』を読めば解ります。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[126]  [121]  [120]  [118]  [116]  [112]  [111]  [109]  [108]  [104]  [103
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[03/23 three]
[03/19 紅玉]
[02/17 three]
[02/17 three]
[02/16 紅玉]
[02/16 紅玉]
[02/07 three]
[02/06 紅玉]
[01/24 three]
[01/24 紅玉]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]