忍者ブログ
HOME > > [PR] > 大槻ケンヂ > 本『ロッキン・ホース・バレリーナ』 大槻ケンヂ RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
  • 2020.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2020.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ロッキン・ホース・バレリーナ』 大槻ケンヂ 角川文庫

18歳で夏でバカ!

忘れることなど一生できない最高の旅。



耕助は十八歳で夏でバカで、プータローのバンドマンだった。

パートはギターで、レッドサンバーストのレスポール。

バンドはそこそこに人気が出ていた。

三茶のヘブンズドアぐらいのキャパなら満員にできたし、インディーでCDを二枚出していた。

マネージャーを名乗る大人も現れ、その夏、耕助たちは生れて初めての全国ツアーに出ることになった。

一台のワゴン車にメンバー三人とマネージャー、男ばかりがスシ詰めとなり、東京から博多まで向かうのだ。

抜けるような夏の空を見上げながら、耕助はこう想った。

「一体、何人の女のコとエッチができるのだろう」

その頃の彼の頭の中は、セックスのこと以外何も入っちゃいなかったのである。

耕助は仲間のザジ、バン、マネージャー得山と共にパンクバンド「野原」としてツアーを開始する。

行く先々で女のコとやるつもりでいたのに、謎のゴスロリ娘を拾ったことで旅は思わぬ方向へ。

ゴスロリ娘、七曲町子の正体は?

ツアーファイナルは成功するのか?

耕助と町子の恋の行方は?

爆笑と感動、大槻ケンヂの青春ロック長編小説。

忘れることなんてできない最高に熱かったあの季節。


拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[960]  [674]  [959]  [538]  [954]  [953]  [952]  [951]  [774]  [771]  [65
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]