忍者ブログ
HOME > 羽海野チカ > 漫画『3月のライオン』 羽海野チカ RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
漫画『3月のライオン』 羽海野チカ 白泉社

誰にだって大切な居場所が有る。



大きな川沿いの小さな町に暮らす桐山零は、17歳にしてプロの将棋の棋士。

家族は早くに事故で亡くし、深い孤独を抱えたままずっと一人で生きてきた。

そんな彼の前に偶然現れたのは、あかり・ひなた・モモの三姉妹。

彼女達は明るく、元気で、とても温かかった。

そんな三姉妹と交流を深めていくうちに、零は少しずつ何かを取り戻していく。

彼の周りにいるのは彼女たちだけではない。

一年遅れで通い始めた高校の担任の先生。

将棋好きで話しやすいが、言いにくい話をオブラートで包むことを知らない。

自称“ライバル”を名乗るプロ棋士の二海堂晴信。

病弱で人よりハンディを持っているが、将棋への想いと勝ちへの執念は誰にも負けていない。

そして零のことをよく思っていない者も……少なからずいるのだ。

漫画内の将棋コラムはプロ棋士の先崎学氏が監修。

「マンガ大賞2011」「第35回講談社漫画賞一般部門」ダブル受賞

関連リンク

漫画『3月のライオン』

漫画『ハチミツとクローバー』

漫画『スピカ 羽海野チカ初期短編集』

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタンTwitterボタン





高校生プロ棋士を主人公にした漫画。

将棋よりも登場人物たちの心情や人間模様の描写が多い気がします。

主人公だけでなくその周りの人たちが抱えているものも深く細かく描いている。

ただこの作品からは『勝負モノ』らしい熱みたいなものがあまり伝わってこなかった。

この作品で作者が伝えたいことがそういうのではないのだと思う。

やっぱり人間模様や心理描写かな。

他の将棋漫画との魅せ方の違いがわかりやすくていいと思う。

何度も読み返したくなる、そんな作品です。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[918]  [916]  [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [906]  [905
カテゴリー
言ってはいけない 残酷すぎる真実
ブラック企業から残業代を取り戻す
進め!! 東大ブラック企業探偵団
不死の猟犬
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論
作家の収支
残業税
江戸の少年
「好き嫌い」と才能
ゴールデンカムイ
小説 君の名は。
いなくなれ、群青
七日の喰い神
ボーパルバニー
アーカイブ
アルファポリス
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[12/06 three]
[12/05 紅玉]
[12/02 three]
[12/01 u-mi]
[12/01 three]
[12/01 鏑木ディオス]
[11/28 three]
[11/28 three]
[11/28 紅玉]
[11/28 紅玉]
TSUTAYAonline
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
バーコード
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]