忍者ブログ
HOME > 昔話『しおいぬ。』 > 昔話『しおいぬ。』 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
私が生まれた街は表通りと裏通りの二つの地区がありました。

表通りは安心安全な街づくりを目指して作られました。

ここに所属し、ここを形成しているのは一般市民です。

裏通りは安心安全な街づくりを無視して作られました。

ここに所属し、ここを形成しているのはイカレている人たちです。

T「裏通りは治外法権なんだよ」

R「警察もここで起きた事件や事故は見てない。いや、見えていないんだ」

私「どういうこと?」

T「狂った奴らが多すぎるんだ、裏通りは」

R「そんなイカレた奴らがいる場所に行く僕らもイカレてるよ」

私「……」

私はTとRの話を半信半疑で聞いていました。

話の半分くらいは聞き流した可能性があります。


周りには八百屋、チェーン店のスーパーマーケット、魚屋などが軒を連ねています。

ここは安心安全を謳う表通りです。

私を含む一般市民達が通学や通勤に使っている道です。

これから私達は横道に入って裏通りにある『しおいぬ。』に向かいます。

そこは友達のおじさんが経営しているバーであり、裏通りの情報局……らしいです。

私(意味がわからない)
 
私は二人のことを友人だと思っていますが、信用はしていないのです。

一度精神が崩壊してしまった人間は、二度と他人を信用できないのかもしれません。

まあ、精神崩壊するほど心の弱い人間を他に見たことがないから分かりませんけどね。

T「今日は俺のおじさんにお前のことを紹介する」

R「楽しいよー♪」

私「……」

彼らの笑顔を見ていたら、何故だかとても不安になりました。

彼らは何かを企んでいるような顔つきをしていたからです。

それでも私は黙って彼らの後ろについて行きます。

表通りから横道に入り、奥へ奥へと進んでいくうちに昼間なのに薄暗い通りに出ました。

TとRがちらりと振り返りました。

聞かなくてもここが裏通りだと分かりました。

しかし、安心安全を無視した街と言われているわりには全てが普通です。

道路の舗装もしっかりしていますし、標識もミラーもついています。

道のいたる所に凶器や拷問器具が落ちていると思っていた私は拍子抜けしました。

それとも狂気が蔓延っているのでしょうか。

私「何もないね……」

私は率直な感想を述べました。

二人は怒るかと思いましたが、先ほどと少しも表情を崩していません。

T「あそこがヤーさんの事務所だ」

Tが指さした先には灰色のビルが建っていました。

今にも崩れ落ちそうな三階建てのビルです。

一階は喫茶店、二階はマッサージ店、三階はヤクザの組の事務所だと教えられました。

私「おかしいのは三階だけか」

私は辛辣な言葉を返しました。

すると、友人二人はすぐに答えを返してきました。

すでに用意されたような的確な答えでした。

T「一階は、借金まみれのおっさんがヤクザに脅されながら経営している喫茶店」

R「二階は、マッサージ店という名の本番ありの風俗」

私「…………」

T「ちなみに喫茶店『マリ』は組長のオンナの名前な」

R「ちなみにマッサージ店の従業員は全員外国人で、すげー綺麗なんだよ」

その自信ありげな表情をしている二人から目をそらして別の質問をします。

私「Tのおじさんが経営してるバーはどこにあるの?」

二人は顔を見合わせてニヤニヤと笑いました。

T「もう着いてるよ」

私「え?」

R「ほら。ここだよ」

Rの指し示した先には、少し大きめの看板が掲げられた店がありました。

しかしドアには「CLOSE」と書かれた札がかかっています。

私「閉まってるけど」

T「昼間だしな。もっと遅くじゃないと開店しないさ」

R「でもね、マスターが認めた人なら昼間でも入っていいんだよ」

TとRはそう言うと、頑丈そうなドアを押し開けました。

扉を開いたその先には暗く静かな空間が広がっています。

私達がその先に進もうとしたところで声がかかりました。














「誰だー。まだ開店してないぞー」












暗い店内から気の抜けたような声がしました。

声だけ聞けば若い男のようです。

TとRは何の躊躇もなく店に入っていき、声の主に返事をしました。

T「おじさん。俺だよ、俺。親友を連れてきたよ」

R「マスターが会いたいって言ってた奴だよ」

マ「なんだお前らか。早く入れよ」

奥で椅子を並べて横になっていた男がゆっくり起き上がりました。

男は大きなあくびをしながらバーカウンターまで行くと、壁の電気スイッチを押します。

店内が一気に明るくなり、光に照らされた髭面の男が現れます。

彼は、とびきりの営業スマイルを浮かべて言いました。

「ようこそ、バー『しおいぬ。』へ」

うす汚れた裏通りに建てられた廃墟ビルと目と鼻の先――そこに『Barしおいぬ。』はありました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン Twitterボタン


拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[765]  [948]  [947]  [946]  [761]  [760]  [284]  [945]  [535]  [579]  [944
カテゴリー
最新記事
(05/07)
(02/25)
(02/15)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
(02/05)
最新CM
[01/06 three]
[01/06 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 紅玉]
[09/12 three]
[09/12 u-mi]
[08/22 three]
[08/20 紅玉]
[08/15 three]
[08/15 u-mi]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]