忍者ブログ
HOME > 漫記 > 漫画『サンケンロック』 RSS   Admin NewEntry Comment
少しイカレてるくらいがちょうどいい
漫画『サンケンロック』 Boichi 少年画報社



高校生の北野堅は、毎日喧嘩に明け暮れていた。

幼い頃は彼にも家族がいて、警官になって困っている人たちを守るという夢も持っていた。

しかし、家族を失い、夢も希望も失った彼には何もなかったのだ。

そんな彼にも好きな人ができた。

ケンはその好きな女性ユミに告白するが、フラレてしまう。

だが、彼女が断ったのには理由があった。

それは彼女が韓国人ユミンという名前を持ち、警察官になるため韓国に行くからだ。

翌日、ユミンは高校を退学して韓国に行ってしまう。

一年後、たまたま携帯電話のテレビでニュースを見ていたケンは驚く。

そこには警察官になったユミンが映っていたのだから。

それを見た単純で馬鹿なケンは、自分も韓国に行き警官になることを決意し、韓国に飛び立った。

しかし、高校中退の日本人未成年者のケンを韓国の警察は受け入れてくれなかった。

警察だけでなくどこにも就職できなかった彼は、ひきこもり生活を送っていた。

そんなある日、ケンはユミンと再会する。

舞い上がった彼は引きこもり生活していることを隠して、ゲーム会社に勤めているとバレバレの嘘をついてしまう。

その夜、屋台でやけ酒を飲んでいる彼に屋台の店主がラーメンをごちそうしてくれる。

その優しさに感謝しながらラーメンを食べていると、突然ギャングたちがやってきて屋台を潰してしまう。

ギャングたちは、場所代を払うよう店主に脅しをかける。

それを聞いたケンは、困っている人たちを守りたいという思いからギャングたちを倒す。

その喧嘩の一部始終を見ていた男たちが――。

ひょんなことから韓国のギャング“ゴンダル”のボスになってしまった北野堅が仲間を増やし他の組との抗争を繰り返しながら組を大きくしていき、私欲に走ることなく弱い人たちを守りぬいていく。

そしてゴンダルのボスであることを隠しながら警官のユミンに恋をする。

読んでくださってありがとうございます<(_ _)>

韓国ソウルを舞台に日本人ゴンダルが活躍するアクションあり、コメディあり、シリアスありの漫画♪

拍手[5回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[458]  [456]  [450]  [333]  [449]  [446]  [314]  [330]  [304]  [335]  [293
カテゴリー
カウンター
人気ブログランキング

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
brogram
blogramのブログランキング
最新CM
[02/17 three]
[02/17 three]
[02/16 紅玉]
[02/16 紅玉]
[02/07 three]
[02/06 紅玉]
[01/24 three]
[01/24 紅玉]
[01/10 three]
[01/09 紅玉]
プロフィール
HN:
three
趣味:
本、音楽、映画、格闘技
アーカイブ
NINJA
120%CRAAZY Produced by three
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]